ダージリン セカンドフラッシュと和栗のゼリーで至福の時間【中国茶教室】

広告

毎月第3水曜日に小川敦子先生の中国茶教室へ通っています。

2019年11月、今日は中国茶と2種類の紅茶と和栗のゼリーでした。

岩茶(がんちゃ)馬頭岩 肉桂(ばとうがん にっけい)

中国福建省の北部に位置する武夷山(ぶいさん)は、起伏に富み、奇峰奇岩の下を曲がりくねった川が流れる水墨画に出てくるような風景のところです。

馬頭岩(ばとうがん)と呼ばれる岩山付近で生産されるお茶です。

岩茶(がんちゃ)というのは、茶樹が山肌の風化した岩に生育しているために名前がついたものだそうです。

茶葉は、黒く細くよれた形をしています。

炭で焙煎した香ばしい香りがします。

岩茶には苦味を作るカフェイン、甘味、酸味、旨味を作るテアニン、渋味を作るカテキン類や、鉄、亜鉛、カルシウム等、人体に有効なミネラルがたっぷり含まれています。

また各種ミネラルの影響で血がさらさらときれいになり、細胞を活性化し、自己治癒能力を高めると考えられています。

中国の高貴な方が飲むお茶のようです。

5g 250cc 3分

ダージリン セカンドフラッシュ 17 シンブリ茶園

2017年に作られた紅茶です。

セカンドフラッシュは、5~6月に収穫される二番摘みです。

味・コク・香りともに一年中で最も充実しており最高級品となります。

「マスカット・フレーバー」(マスカットぶどうを口に含んだような香り)と呼ばれるさわやかな香りは格別です。

ストレートティーでダージリン特有の香りを楽しみます。

10g 990cc  5分半

和栗のゼリー

デザートの甘みがダージリンのコクとぴったり合います。

サバラガムワ

スリランカのお茶です。

サバラガムワは、かつてはルフナという産地に含まれていましたが、現在、高度600m以下のローグロウン地域はルフナとサバラガムワに分かれています。

今回、少し濃く淹れてミルクティーでいただきました。ミルクが入ることにより、渋みが消え、甘くまろやかな紅茶になりました。

ミルクティーの場合は、茶葉をストレートティーの時の1.5倍入れます。

15g 990cc  3分 10回振る

さいごに

いつも思うのですが、自分で淹れる紅茶はすぐ渋みが出てしまうのですが、先生が淹れてくださる紅茶は本当に飲みやすいのです。

紅茶自体が良質のものであるのはもちろんですが、茶葉の量とお湯の量、時間がぴったりなのだと思います。

中国・インド・スリランカ、それぞれの国のお茶を楽しみました。

今回、ご一緒した方の中に、1年に10回も海外旅行をされるという方がおられました。

すごいです。

海外へ行くことに対するハードルが低いのですね。

なかなか、私も・・とは思えませんでしたが、視野が広がった気がしました。

世界観が変わるのかもしれません。

でも、外国のお茶を味わうだけでも楽しいひとときでした。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!