コツコツ頑張っているといいことあるね【 目標達成へのプロセス】 2019.10.30

広告

毎日リハビリ行ってます。

朝一番の時間帯に入れてもらっているので、8時半からです。

帰ってから普通に1日の生活ができるので全然負担にもならず、むしろ規則正しく早起きもできて良いです。

今日は、そんな私のことをとても褒めてくださる方がいました。

こそばゆくなるくらい「すごいね」「素晴らしいわ」って言われちゃいました。

毎日リハビリ通うのは、どうしても完治したいからです。

今なら頑張ったら治せるけど、時間が経過してしまったらそのまま拘縮してしまって一生動かないままだと言われたら、誰だって頑張ってリハビリしますよね。

私はその当たり前のことを黙々とやっているだけなのに、そのことを褒めてくれるのです。

そして、「私は諦めてしまっていました。」って言ってました。

「リハビリに通う意味が見出せなくなっていやいや来ていた」って。

私と同じ複雑骨折だけど、整形外科医から元どおりにはならないと言われたそうです。

でも、自分なりにすごく頑張って日常生活が送れるまでになったそうです。

「それでいいんじゃないですか?」って言ったんだけど、「自分には奢りがあった。」「心が障害者になっていた。」って言うのです。

よくわからないけど、「また会った時、話しかけてもいいですか?」って言うから、「どうぞどうぞ」と答えたら喜んでもらえました。

リハビリしていてもなかなか思うように治っていかなくて、嫌になってしまう時があるんですよね。

そんな時に、私がリハビリの先生と楽しそうに頑張ってる姿がとてもいいなって思えたらしいです。

私は、自分の右手で自分の左手をリハビリしようとしても全身に力が入ってしまっていて効果が出にくいのです。

その点、先生にしてもらうと自分はできるだけリラックスして息を深く吐いた状態で可動域を少しずつ広げてもらうことができるからありがたいです。

自分だと痛いところをそれ以上曲げられないけど、先生は優しくギュ-っと痛いところまでやってくれますから耐えるのみです。

毎日通ってなんとかして治したいという私をいつも励ましてくださるリハビリの先生に感謝しています。

だから、一生懸命やって当たり前なんだけどなぁ。

まぁ、人に勇気を与えることができたらしいので、良いことをしたんだと思います。

早寝早起き

前日の夕方2時間もお昼寝してしまったら、夜眠くならず24時まで起きていてしまいました。今朝は5時半起床。

運動

健太の散歩1回のみ

運動リンクは完成

読書

元外交官 賀来弓月さんの『フランス人は「老い」を愛する』を読みました。

60歳からの生き方を考えるのは30代・40代から準備が必要とのことです。

フランス人に学ぶ60歳からを楽しむ生き方 30〜40代から退職後の人生の準備をしておく

ときめくお掃除

最近、毎日洗濯機のフィルターを水洗いしています。

乾燥フィルターも排水フィルターも全部です。

慣れると毎日水洗いした方がサッと洗えてストレスがありません。

予備があるので交代に使っています。

健太

おもちゃの「タマゴ」を持ってきて、私に「投げて」とうるさいです。

さいごに

ついに左手の毛を剃ってきましたよ。

手に生えた黒い毛を剃ってもらってきました 多分、濃くはならないと思うよ

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!