ちょっと東京へ来た【 目標達成へのプロセス】 2019.10.4

広告

月1回くらい東京へ行きたいなというのを「夢リスト」に書いたら、実現しました。

なんでも書いてみるものですね。

立花B塾マスタリープログラムに合わせて、前泊し、直接キッチンBeeでものくろさんの個別セッションを受けたり、劇を観に行ったりできています。

2ヶ月前に決めた宮沢りえちゃん・堤真一さん・段田安則さんの「死と乙女」は、最高の演劇でドキドキしながら観ました。

宮沢りえちゃん、10代の頃と全然変わらない美しさで、スタイルも良く、素敵です。

3人だけのお芝居ですが、演技がうまく、ずっと惹きつけられてドキドキして観ていました。

金沢から東京へ引っ越したお友達がチケットを取ってくれて一緒に観に行くのがまた楽しいのです。

少し前までは、「月1回1泊2日で東京へマスタリーの受講に行く」というのが私の一大イベントだったわけですが、最近はその前日をどう楽しもうかとワクワクが増えていっています。

「適応力」に感動です。

私だから特別に思われるかもしれませんが、楽しいことって、誰でもどんどん広げて行きますよ-。

それでも「いやいや、自分はそんなふうにはならない」と思っている人には、「人生って自分が思っているほど健康な時期は長くないよ」と言いたいです。

自分も家族もみんなが健康で自由に動ける時期って限られているから、その時を逃しちゃいけないんだと思います。

こんな私でも、父が入院していた2年間は旅行に行く気持ちになれませんでしたから。

早寝早起き

23時半就寝、7時起床

運動

朝、金沢は雨が降っていたので、健太の散歩行けませんでした。

東京で地下鉄を乗り継ぎ、結構歩きました。

観劇

三軒茶屋のシアタートラムで、宮沢りえ・堤真一・段田安則さんの「死と乙女」を観ました。

チリの劇作家アリエル・ドーフマンが、独裁政権下で自身が受けた弾圧経験をもとに描かれた戯曲で、サスペンス劇です。

内容がとても深いので、金沢へ戻ってから、感想をまとめたいと思っています。感動が薄れないうちに少しでも書いておきたかったので、ちょっとだけ書き留めました。

トキメクお掃除

ホテルのお部屋についてすぐ、折りたたみ傘を広げて干して片づけました。

金沢は雨だけど、東京は青空ってよくあることです。

健太

私がいない間もスタジオのお手伝いをしてくれるスタッフが昼間様子を見に行ってくれるし、夜と土日は娘がお世話してくれるので、安心です。

「元気すぎる」という報告でした。

いつも私と二人?でのんび-りしているので、たまに違う人が来てくれると嬉しいんでしょうね。いいことです。

さいごに

やりたいと思うことがあったら、書いてみる・口に出してみる・やってみるというのがいいと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!