意識のレベルを上げると楽しさのレベルも上がる【 目標達成へのプロセス】 2019.9.19

広告

最近、フラダンスの自主練で自分たちの踊りの動画を撮っています。

前までは、動画を撮ることも嫌だったし、それを見ることも嫌、見てお互いに悪いところを指摘し合うこともありませんでした。

言う雰囲気でもなかったです。

でも、レッスンで半数ずつ踊って見合って、気づいたことを指摘するようになると、自習練のレベルも上がりました。

まだまだお互いに笑ってごまかしているけれど、それでももっとみんなで合わせたい、綺麗に踊りたいと真剣に思います。

そしたら、とっても楽しくなりました。

ただ踊っているだけじゃなくて、みんなで揃うように踊る。

テニスをしていた時もそうでした。

みんなが下手だと全くラリーが続かなくて面白くないのです。

サーブが入るようになり、レシーブが返せるようになり、少しラリーが続いて、ボレーやスマッシュが決まった時、つまりゲームのレベルになって初めて本当の楽しさがわかるのです。

もしかしたら、勉強も含めて全てのことがそうかもしれません。

基礎をきちんとやって、力がついてきたら、そこからが本当の始まり。

いつかまたテニスしたいなぁって思っていたけれど、今の私はフラダンスがちょうどいいと思います。

早寝早起き

23時半就寝、7時半起床

運動

健太の散歩2回

ウォーキングは早歩きのスピードが遅いとエクササイズとしてカウントされず、今日のリング未完成。

読書

下重暁子さんの『年齢は捨てなさい』を読んでいます。

この本は、アマゾンのレビューで賛否両論でした。すごく共感できると言う人と、自分の言いたいことを言ってるだけと批判的な人に真っ二つ。

私は、共感できてしまいます。

トキメクお掃除

リハビリを兼ねて、左手でトイレの床を拭き掃除。

健太

自分からゲージの中に入って休憩してる。自分のお部屋は、狭いけれど落ち着くのかな。

さいごに

今月行って、来月も行くことになっている銀座のお寿司屋さん「さいしょ」さんの大将が、ランニング中に転んで鎖骨を骨折してしまいました。

とても人ごととは思えず、とても心配していますが、入院して手術してボルトで固定して、「退院したらリハビリして、来週から店を再開します」って聞いて、すごいなぁと思います。

私みたいに弱音吐いて、痛い・辛いってグダグダ言ってられないんだよね。

痛いし、辛いのは誰だって同じ。

だけど、それにどうやって立ち向かって、乗り越えていくかなんだよね。

私も頑張ろう!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!