なかなかうまくいかない 焦りは禁物というけれど【 目標達成へのプロセス】 2019.9.17

広告

リハビリを自分なりに頑張ってはいるんだけど、なかなかうまくいきません。

それなりに良くなってきているし、できることも増えてきている、焦りは禁物ということもよくわかっている、その上でやっぱり辛くなってきます。

何が辛いかと言うと、無理に左手を使っているので、左の首から肩にかけてパンパンに張って痛いのです。

左腕を上げて回したりしてもゴキゴキゴキという感じで凝りまくっています。

母のところへきてもらっている鍼灸のひろみさんに無理を言って急遽、私の施術も追加で入れてもらいました。

おかげさまで、なんとかほぐれました。

母が梨を切って置いてくれてありました。

私は、自分が88歳になった時、こんなことができるでしょうか?

私がケガをしてから、ますます母がしっかりしてきたように思います。

私も辛くても頑張らなくては。

早寝早起き

25時就寝、8時起床 ▲

運動

健太の散歩2回

今日もApple Watch運動アプリのリンク完成しちゃいました。夜、あともうちょっとになると完成させたくて、外へ歩きに出てしまうので、やり過ぎに注意です。

読書

投資家 村上世彰さんの『いま君に伝えたいお金の話』を読んでいます。

子ども向けの書き方なので、ちょっと微妙・・・。

トキメクお掃除

スタジオだけでなく、家の玄関にもお花を飾りました。

先週のお花がまだまだ大丈夫なので、トイレへお下がり。豪華なトイレになってしまいました。

健太

さいごに

どこも痛いところがなくなったら、どんなにいいだろうかと思います。

でも、痛いところや辛いことを抱えながら毎日を過ごしている方もおられるわけで、どうやってその状況を受け入れながら、できるだけ前向きに進んでいけるかっていうことが大事なんですよね。

ケガをする前、あまりに「絶好調」で健康であることが当たり前のように感じてしまっていました。

当たり前ではないですね。健康であることは、とてもありがたいことなのだとわかりました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!