人生には、無理してでも頑張らなきゃならない時があるよね【 目標達成へのプロセス】 2019.9.12

広告

「無理しない」はとても大切なことだと思います。

ずっと無理して頑張ってきたから、そしてその無理していたことにも気づかずに、体に無理させてきたから、これからの人生で「無理は禁物」と思ってきました。

でも、リハビリしていて思うことは、人生には無理してでも頑張らなきゃいけない時があるということです。

普通の生活を取り戻し、それを維持するためには負荷をかけなきゃならないのです。

以前、養護学校に勤めていた時、筋ジストロフィー症の生徒たちには、国語・社会などの授業の時数を減らして「訓練」の時間がありました。

体育とは別に、病棟へ戻り作業療法士さんの指導のもとで「機能訓練」をするのです。

だんだん弱っていく筋力の低下曲線を少しでも緩やかにして、今ある筋力を維持するために(既に歩けないため)車椅子から降りて四つ這いになってマットを移動したりするのです。

その頃の私は、「この子たちにとっては授業より訓練が大事なんです。」と強く主張する病院側に対し、「そうなんだぁ・・・」程度しか理解できていませんでした。

自分の手足が動かせなくなる日を1日でも遅らせてあげたいという確固たる治療方針なんです。

筋ジストロフィー症などの筋力がどんどん低下していってしまう病気は特別かもしれませんが、誰もみな歳をとっていくと体は弱っていきます。

80歳を超えて、まだ現役で舞台に立ち、主役を演じている草笛光子さんは、パーソナルトレーナーをつけて筋トレを欠かさずにしておられます。

森光子さんが毎日スクワットをされていたのも有名です。

健康は目に見えない努力の賜物なんだと思います。

私の体も今が人生で一番の頑張りどきなのかもしれません。

一度失ったものを取り戻し、復活するためのエネルギーは、順調な時と比べ物にならないほど必要です。

甘えていたらマイナスになるので、プラスのことだけ考えて、神様が与えてくれた体を大事に生きていきたいです。

早寝早起き

25時就寝、8時起床 ▲▲

運動

健太の散歩1回

左手を大きく振って早歩きしたら、エクササイズのカウント増えました。

読書

松永修岳さんの『運の管理学』読んでいます。「今日中に書評書きます!」と昨日宣言したのに間に合いませんでした。今日こそ!

トキメクお掃除

炊き込みご飯を炊いたので、炊飯器の内蓋をキレイに洗いました。

Sincerestore 隙間掃除 すき間 埃取り ほこり取り スポンジブラシがここでも大活躍。スポンジだから傷つけないので、力を入れてこすることができます。

洗濯乾燥機の隙間掃除でゴッソリ汚いものが取れました。10本で299円だったので、まだ残っていてあちこちで活躍しています。

健太

クルンと丸まってお昼寝

さいごに

自分ではこんなに頑張ってるのに、全然良くならないと悲観的になりがちですが、本当は最悪の状態から考えると随分随分良くなっているのです。

焦らず、諦めず、ですよね。

いつもたくさんの方に応援していただいています。

本当にありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!