私はいつも嫌なことから逃げてきたかもしれない【 目標達成へのプロセス】 2019.9.9

広告

自分に優しくしてあげようと思っていたのですが、リハビリに関しては落ち込むことばかりです。

いつまで経っても一向に曲がろうともしない左手の小指。

曲げようとしても全然曲がらないし、痛いから無理やり曲げることもできません。

ケガをして今日でちょうど8週間。

整形外科医にもリハビリの先生にも、「このまま固まってしまったら一生動かなくなってしまうよ」と言われているのに、「痛くて動きません」と立ち向かわない私。

「ギプスで固定していたから」とか、「ボルトが入っているから」とか、「ボルトを抜いたばかりで疼くから」とか、いつも理由をつけて、痛いことをしようとしません。

そう言えば、私っていつもこうだったかもしれない。

自分にとって難しいと思ったことは、結構逃げてきてしまった。

中学校の時の倒立前転も怖くて途中から理由をつけて休んだ。

あー、思い出すといろいろ出てきそうで、落ち込むのでやめよう。

とにかく、今は、どんどん拘縮していってしまっている左手の関節に、リハビリの先生の方が危機感を感じている。

「もっと自分でもやってください」と言われてしまった。

今回ばかりは、逃げちゃいけない。

痛くても動かさなければ!

早寝早起き

25時就寝、6時半起床 ▲

運動

健太の散歩2回

まだ動きが鈍いね。

読書

松永修岳さんの『運の管理学』読みます。

トキメクお掃除

サボりました。

健太

トリミング行ってきました。耳のあたりにカサブタのようなものがいっぱいできていて、耳の毛を短くしてもらいました。

さいごに

東京へ行っていた3日間、日記&日誌を書く余裕がありませんでした。

疲れてクタクタになって、あっという間に時が流れていってしまうというのは、かつての仕事人間時代と同じ。

時間をコントロールして、自分の思うような人生を送るためには、もう少し「元気」じゃないとダメですね。

「疲れた〜」なんていっていないで、毎日、「あー、今日も一日楽しかった!」って言ってゆったり布団に入るようにしていきたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい