行きたいと思ったら行動に移す 観劇のために日帰りで東京へ【 目標達成へのプロセス】 2019.7.1

広告

金沢から東京へ引っ越ししたお友達に誘っていただき、日帰りで東京へ観劇に行って来ました。

北陸新幹線ができてから、楽に日帰りができるようになり、本当にありがたいです。

金沢から東京まで2時間半。

今回は、新宿の紀伊國屋ホールで、草笛光子さんと市村正親さんの「ドライビング・ミス・デイジー」を観てきました。

85歳の草笛光子さんが、72歳から97歳までのデイジーを演じる姿がリアルで、ラストは劇であることを忘れるくらいでした。

もっと詳しくお伝えしたいので、別記事にまとめます。

とにかく、行きたいと思った劇を観に行くことができて良かったです。

草笛光子さんの「ドライビング・ミス・デイジー」は、今しか見れない劇ですから!

日帰り旅行中もリングを完成させる

行き帰り2時間半ずつ、往復5時間新幹線に座っていました。

劇を観ている間も2時間、劇場の椅子に座っていました。

それでもリングを完成させることができたのは、地道な努力の成果です。

朝、健太の散歩を済ませてから東京へ向かいました。

東京での移動は、もちろん早歩き。

エスカレーターは乗らず、階段を昇降。

最後は、駅のホームを無駄に行ったり来たり、不審なウォーキングをしてなんとかリングを完成。

60歳なのによく頑張ってると自分を褒めてあげたい(笑)

下半身デブからの脱却プロジェクト

・2万歩→16,328歩(達成率 81.6%)▲
・お菓子→ パフェ ▲
・フラダンス練習20分→0分 ▲

・腰回り91.6cm→92.0cm  またリバウンド▲

早寝早起き

24時就寝、6時半起床。

運動

16,328歩のみ

読書

三浦瑠麗さんの『孤独の意味も、女であることの味わいも』を読み始めました。

健太

朝、出発する時、見送ってくれた健太

家全体が健太のもののようで、私はいつも健太の家に一緒に住んでいる気がしています。

さいごに

縁起でもない話と思われそうですが、私は、いつも「いつ突然人生の幕が降りても後悔がないように生きていよう」と思って日々を過ごしています。

だから、「行動力がある」とか「すごいね」とか言われることも多いのですが、やりたいと思うことはできるだけ全部やるようにしています。

突然倒れて集中治療室へ運ばれた父や、早くに亡くなってしまった親友のことを思えば、「いつか・・・」はありえません。

どんなに精一杯やろうとしたってやれることは限られています。

だから、これからも今しかできないことをどんどんやっていきますね。

一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい