ザッハトルテとジュンチャバリ紅茶で至福の時間【中国茶教室】

広告

毎月第3水曜日に小川敦子先生の中国茶教室へ通っています。

幼なじみの友達と一緒に、おいしいお茶とデザートをいただく至福の時間です。

奇来山(きらいさん)烏龍茶

今日の最初のお茶は、台湾の奇来山(きらいさん)烏龍茶です。

台湾で2018年に特賞を取ったお茶だそうです。

フルーティーな風味で、飲み終わった後も香りほのかに残ります。

ジュンチャバリ 2018 Winter

2番目に飲むのは、ジュンチャバリ 2018 Winter

ジュンチャバリは、東ネパールの小さな茶園です。

冬に収穫できる貴重な茶葉で、とても高価なものです。

ジュンチャバリ 2018 Spring

3番目に飲んだのは、ジュンチャバリ 2018 Spring

これを先生が選んだのは、先生力作のデザート「ザッハトルテ」に負けない強さがあるからということでした。

Springは、Winterに比べて若々しくはっきりした味があるとのこと。

先生は、Winterのまろやかさではザッハトルテの強さに負けてしまうと言われたのですが、私はWinterがとてもおいしいと感じていて、全然負けてないと思いました。

実は、先生が規定より濃い目に淹れてくださったからのようです。

木柵鉄観音

最後は、木柵鉄観音

これもとても高価なお茶だそうですが、私はジュンチャバリ 2018 Winterがとてもおいしいと思っていたので、普通と思ってしまいました。

さいごに

紅茶を自分で淹れるといつも渋みが出ておいしくないのに、先生が淹れる紅茶はとても繊細でおいしいのです。

茶葉の量と時間をきちんと計って、素早く淹れるのがポイントかなぁと思います。

今日も仲良しの同級生と一緒に至福の時間を過ごしました。

ありがたいことです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!