東方美人のアイスティーと抹茶葛餅で至福の時間 小川敦子先生の中国茶教室

広告

毎月第3水曜日は、幼なじみの友達と一緒に、小川敦子先生の中国茶教室へ通うさわこです。

今回は、かの有名な「東方美人」のアイスティーを素敵なグラスで飲むというオシャレな体験で、またまた至福の時間を過ごしました。

おいしいお茶を飲むときは、まず、場の雰囲気からです。いつもテーブルの上に素敵なお花が飾られています。

「東方美人」

先生が台湾へ行って買って来た「東方美人」です。

アイスティーをグラスでいただくのがとっても素敵です。

熱いお茶をすぐ氷で急激に冷まします。その際、水道水で作る普通の家庭用氷ではなく、市販の氷を買ってきて使ったほうが澄んだおいしさになるそうです。

先生のところでは、冷ますピッチャーもオシャレです。

今日は、まず最初にいただいた、この「東方美人」のアイスティーにノックアウトです。

綺麗なお水にほんのり紅茶の味がするような上品な烏龍茶です。

次に「東方美人」を熱いままいただきましたが、その写真を撮り忘れました。最初のアイスティーの印象が強過ぎました。

文山包種茶(ぶんさんほうしゅ茶)

烏龍茶の中では、緑茶に近い文山包種茶は、発酵度15%くらいです。

ちなみに東方美人は、発酵度70%くらいです。

もし、最初に東方美人のアイスティーを飲んでいなかったら、私はこの文山包種茶を一番おいしいと言っていたと思います。

それくらい緑茶のようにまろやかで飲みやすいお茶です。

いいお茶(はっきり言って、高いお茶)は、渋みが出ず飲みやすいのです。

木柵鉄観音(もくさくてつかんのん)

木柵鉄観音は、最近は全国的にもちょっと有名になってきている加賀棒茶のようなお茶でした。

飲みやすいけど、東方美人のアイスティーと比べたら、女優とエキストラくらいの差があると感じてしまいます。偉そうに言いますが、普通です(笑)

とにかく、それくらい東方美人のアイスティー美味しかったのですよ。

抹茶葛餅

デザートは、先生手作りの抹茶葛餅。

西尾の抹茶、吉野葛を使って作られた抹茶葛餅は、最高でした。

抹茶も葛餅も大好きなので、本当に幸せでした。

作り方を教えてもらえるのですが、私は自分でこんなおいしいものを作れるとは思えません。

さいごに

毎月、おいしいお茶とデザート、そしてその後の食事は、ゆったりおしゃべりしながらの至福の時間であります。

最近、自分へのご褒美が多いのですが、ご褒美は多くても全然構わないものだなぁと思います。

特に幼なじみの友達と一緒に通えるのが楽しいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!