こんまりさんの「人生がときめく魔法の片づけノート」実践(8)家中の小物の定位置が決まった

広告

断捨離してモノを減らし、家の中を掃除し始めたら、だんだん家の居心地が良くなって幸せになってきたさわこです。

でも、「書類」の片づけだけがどうしてもできなくて、こんまりさんの「人生がときめく魔法の片づけノート(以下、こんまりさんの魔法のノート)」に助けを求めました。

こんまりさんに導かれる通りに、「衣類」を片づけ、「本類」を片づけた勢いで「書類」に取り組んだら、なんと、超苦手と思っていたことがあれよあれよと言う間に終わったのです。

こんまりさんの「人生がときめく魔法の片づけノート」実践(7)超苦手だった『書類』の片づけが終わった

片づけながら、「お父さん、ありがとう」なんて言ってしまうほど感動的でした(笑)

結局、私が「書類」の片づけが嫌だったのは、重圧を一人で背負い、苦しくて辛かったことがトラウマになっていただけだったのです。

でも、自分でも若年性認知症になったんじゃないかと思うくらい、やることいっぱいあって脳の処理能力を超えていたんですよね-。

朝ごはん、何食べたかじゃなくて、朝ごはんを食べたかどうか、記憶にないって、人間不安になりますよ。

認知症になりかけている人の気持ち、理解できます。

そんなわけで、超苦手意識が強かった「書類」の片づけが終わったら、もう怖いものなしです。

とにかく、こんまりさんの魔法のノートに従って、突き進むのみ!

「小物」とは?

「小物」を侮るべからずです。

こんまりさんの言う「小物」って文房具・化粧品・キッチン用品・医薬品・掃除用具・・・などなど全部です。

考えるだけで、クラクラするくらい雑多なものがたくさんあります。

でも、大丈夫。

私は超苦手な「書類」を片づけたのですから、「小物」はあくまでも「小物」です。

こんまりさんの片づけの順番は、多分、私だけじゃなくて、ほぼすべての人に合うと思います。

うまい具合に難度が上がっているのですが、自分のときめき感度も上がっているので、対応できるのです。

カテゴリーごとに集める

無数にあるように思える「小物」ですが、より個人的なもので、かつカテゴリーのはっきりしたものから、ときめきチェックをすると良いということです。

ただし、私のように一人暮らしの場合は順番は気にしなくても良いです。

家族で暮らしている方のために、こんまりさんがおすすめしているときめき判断の順番を書いておきます。

CD&DVD→スキンケア用品→メイク用品→アクセサリー→貴重品→機械類(カメラなど)→生活用品(ハサミなど)→生活用品(歯ブラシなど)→趣味のもの→キッチン用品&食料品→その他(傘など)

ときめくものを残す

残すポイントは3つ

・ときめいて役立つもの
・ときめくけど日常生活にあまり役立たないもの
・ときめかないけど必要なもの

役に立たなくても自分がときめくものは残すのです。

そして、ときめかなくても必要なものも残すのです。

小物の定位置を考える

家にあるあらゆるものの定位置を決めます。

そして、使ったあとはそこに戻します。

ここで、家の間取り図を書いて収納スペースを確認したことが生きてくるのです。

こんまりさんの「人生がときめく魔法の片づけノート」実践(3)間取り図で家中の収納場所を確認してどこに何を入れるか決める

ここで、こんまりさんから恐ろしいお言葉が

ひとつでも戻す場所を決めず、適当な場所に置いたら最後、そこからものがものを呼び、一気に散らばってリバウンドすることになります。

怖いですね。

すべてのものの定位置を決めることが、理想の暮らしができるかどうかに直結するんだそうです。

最終的な定位置を決めるのは、小物すべてを片づけ終えたあとで、それまでは仮置きのつもりで気軽に進めれば良いということでした。

同じカテゴリーのものは1ヶ所に集める

ときめき片づけの収納ルールは、同じカテゴリーのものは分散させず、1ヶ所に収めるです。

私は今まで、ストック品を置く場所を作っていました。

今回、それを改め、そのもののところにストックも置くことにしました。

健太のものの下の棚にストック品
お散歩に必要なもの類は玄関に
洗濯洗剤は詰め替え用も同じ場所に
トイレ用ストック品はトイレの棚に
トイレ掃除グッズは手洗いの下の棚に ブラシは棚に入れるとカビが生えるので窓側の通気性が良い場所に
玄関・廊下用の掃除用具と脚立は階段下物置に
化粧品類は洗面所の鏡の裏の棚に
洗面所とお風呂の掃除用品だけ
パソコン類とハワイ旅行資料は、それぞれカゴに入れて
お灸セットや目薬・かかとケアのクリームはカゴに入れてベッド脇に
カバンをサイドボードの中に
引き出しにカバンの中のものを
こちらには、工具・電動自転車の充電器など

いつも使っているカバンとその中身をサイドボードに入れることにしてみたら、食器棚がガランと空きました。

いつもこの上がゴチャゴチャだったんです。

「とりあえず置く」をやめて、「定位置に戻す」にチャレンジしてみようと思います。

そして、一番ゴチャゴチャしていたリビングの押入れは、リサイクルor捨てるものor迷っているものを置く場所に決めました。

写真を見て、マスクをここに置いてあることを発見。

今、マスク大事ですよね。

移動します。

とりあえず仮置きの場所なので、しばらく使っていて都合悪かったら、そのものの「定位置」を移動します。

そして、間取り図の収納場所一覧にどこにどんなものを置いたか、記入し直しました。

1 フラダンス衣装類・礼服・喪服・旅行用品等+思い出品
2 日常着(たたんで収納)
3 日常着(かけて収納)
4 本・書類+パソコン類
5 お客様用布団
6 使わない
7 障子紙・網戸補修材料
8 使わない
9 ペット用品・押し花道具・生け花道具
10 段ボール・紙類・リサイクルのもの+迷い品
11 掃除道具
12 食器類・保存食品
13 調理道具
14 カップ・グラス類+カバン(中身も)+工具+裁縫箱+電動自転車充電器
15 タオル・下着・パジャマ
16 洗面用具・化粧品類+洗面所・お風呂掃除用品
17 洗濯洗剤等
18
19 トイレ洗剤等
20 トイレ用ストック品

小物を片づけてみて思うこと

たくさんの小物を片づけて、意識がずんぶん変わってきました。

小物の収納について、今後「こうしたい」と思うこと

定位置を決めたので、そこへ戻すように心がけたい。

今の気分をひと言で表すと

頭の中がスッキリした。

どうしてそう思ったかと言うと

家中のどこに何があるか、全部把握できたから。

小物について、今後「こうしたい」と思うこと

パソコン類のコードなどで食器棚がいつも雑然としていた。パソコン類も定位置をしっかり決め、移動させる時はカゴを利用したい。

さいごに

「小物」はたくさんあるから、何日もかかるかと思っていたけど、結局、1日で終わりました。

そして、私の目的である「どこに何が置いてあるかが把握できていて、すぐ取り出せる、わかりやすい収納にすること」が実現できました。

こんまりさんのおかげです。

自分一人ではできなかったと思います。

次は、ラストの「思い出品」です。

実は、この部分は私の中ではもうほとんど終わっています。

アルバム20冊捨てる【ずっと抱え込んでいたものの断捨離】

でも、改めて娘たちの小さかった時のものや自分自身の思い出のものなどを眺めてみたい気がします。

ちょうど明日から2泊3日、東京へ行っていて片づけができないので、ちょっとここで一呼吸おいて、戻ってきてから最終の片づけをしようと思います。

ゴールが見えてきました。

すごいですよね。清々しい気持ちです。

こんまりさんの魔法の片づけノート、いいですよ。

本を読んでいるだけではここまで進めることはできません。

こんまりさんが近くで見ていてくれるような感じがするから、最後まで片づけができそうです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!