私も、ちょっとだけ声のトーンを上げてみようかな

広告

お店の人の声がさわやかだと気持ちいいですね。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」はもちろんだけど、「お待たせしました」「熱いので気をつけてお持ちください」そして最後に語尾を上げて「ありがとうございました〜」

食べているときも他のお客様に言っている言葉が聞こえてきます。

ちょっと考えてみました。

私は、あんなハイトーンで言葉を発しているだろうか?

スタジオのお客様には結構笑顔で応待できていると思います。

でも、家へ帰るとブスッとしています。

娘が帰って来たら「おかえり〜」とは言いますが、そのうちお互いにテレビを見ながらスマホをいじりながら「うんうん」といい加減な返事をしていると「お母さんって人の話ちゃんと聞いてないよね」とズバッと言われます。

私は学校に勤めていた時、生徒から「朝、顔見た瞬間にその日の機嫌がわかる」と言われたことがあります。

それくらい朝から疲れていたり、不機嫌がモロに顔に出たりしちゃってたんですね。

改めて気をつけようと思いました。

自分の声を一番聞いているのが自分です。

いつもテンション低めで、だるそうな私から脱却して、ちょっとだけ声のトーンを上げてみようかな。

お客様がいるとかいないとか関係なしで、自分との対話を楽しんでみようかな。

健太にもご機嫌で話しかけてみようかな。

「ありがとうございました〜!」

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!