親指シフト練習経過報告 3週間経って、1分間に40文字入力できるようになりました

広告

親指シフト道場へ入門したのが9月17日。半日講座を受講してから毎日コツコツ練習を続けてきました。

講師のものくろさんがfacebook上にグループを作ってくれてあるので、先輩の皆さんと同じように私も毎日練習成果を報告しています。

今日は、3週間経って、どれだけ進化してきたかを報告したいと思います。

親指シフト道場とは

親指シフト道場は、ブログコーチものくろさんが親指シフトを最高に効率よく確実にマスターできるように指導してくれる学びの場です。

詳しくは、ものくろキャンプの親指シフト習得の夢を叶えるワークショップを見てください。

私流 練習の仕方

私は、習った翌々日から練習を開始しました。

テキストを見て毎日、同じものを15分間でどこまで入力できたか、記録をとっています。

前日より少しでも入力できた文字数が増えていたら、合格。

増えない時は、入力しづらい文字を練習して、すぐ再チャレンジします。

そして、前日より多くなったらおしまい。

毎日自己新記録だから、気持ちいいです。

成長記録

毎日の自己ベスト記録は、以下の通りです。

9/19  193文字  (12.8/分)
9/20  229文字  (15.2/分)
9/21  263文字  (17.5/分)
9/22  288文字  (19.2/分)
9/23  299文字  (19.9/分)
9/24  323文字  (21.5/分)
9/25  362文字  (24.1/分)
9/26  413文字  (27.5/分)
9/27
9/28  447文字  (29.8/分)
9/29  458文字  (30.5/分)
9/30  473文字  (31.5/分)
10/1  482文字  (32.1/分)
10/2  516文字  (34.4/分)
10/3
10/4  564文字  (37.6/分)
10/5  608文字  (40.5/分)
10/6  619文字  (41.9/分)

空欄の日は、しっかり練習できず、記録的にも前日より悪かった日です。

前日の記録を1回でクリアできる日もありますが、4回目でやっとという日もあります。

そして、夜疲れた状態でやると全然記録が伸びず、諦めて翌朝やってみると難なくクリアということもありました。

また、リビングでやると気が散ってしまい、ミスだらけで途中で嫌になってしまうのもわかりました。集中するには、環境がとても大事です。

ちなみに一番最初に15分時間を計った時の記録は、123文字 (8.2/分)でした。

それを思うと、すごーく頑張ったなぁと思えます。

同じ文章をずっと繰り返し練習する理由

まだしつこくホームポジション編の同じ文章ばかり練習しています。そろそろ暗唱できるくらいになってきました。

それを目指しています。

頭に思い浮かぶ文章がスラスラと指で打てるようになるといいです。

まだ、指遣いが曖昧です。もっと確実に指が動くまで、もう少ししつこく継続しようと思います。

さいごに

薬指が両手とも生まれつき短いというハンディキャップはあります。でも、それを補うツールを使うことでカバーしようとしています。

ハンディのある人の方が、なかなか簡単にできるようにならないからよく努力します。

そして、その努力を続けていたら、いつの間にか普通のハンディのない人よりできるようになっていることも多いです。

だからいつまでも薬指のことをハンディだと考えないようにしていこうと思います。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!