お腹周りがシュッとなるための作戦1 いつもの腹筋にひねりを加えて、腹斜筋を鍛えよう!

広告

「食事に気をつけて、日常的にマメに動く、ゆるいダイエット」が順調で、4ヶ月で4Kg体重が減りました。

随分、体が軽くなり、動くのが全然嫌じゃなくなりました。

ただ、今回のダイエットが成功したと言い切れない点があります。

それは、「お腹周りがシュッとなる」という重要な「見た目」が改善されていないのであります。

足を伸ばして座る、長座の姿勢で、真横から自分の姿を鏡で見ると、お腹周りがまーるくなっています。

さすがにこの状態の写真をアップする勇気は出ません。

とにかくお腹から腰回りに付いているお肉を取りたい。

やはり、少しだけツライ運動をしようかと思います。

今日、アンチエイジング・ヨガの教室で「筋肉が衰えないように、鍛えておかないといけないね!」ということで、『腹斜筋を鍛える、ひねり腹筋」をしました。

レッスンでは、私を含め「アンチエイジング・ヨガ」に来ているメンバーの実態から、先生はたった5セットしかしませんでしたが、それでもキツイ。

いかに腹斜筋の外側にいっぱいプヨプヨのお肉が付いてしまっているかがわかります。

私は、今日から、この「腹斜筋を鍛える、ひねり腹筋」を毎日10セットしようと思います。

キツイことは、あんまり長続きしないので、5週間だけ頑張ります。

「お腹周りがシュッとなる」という曖昧な目標では、多分、曖昧な結果で終わると思うので、一応、数値目標を掲げておきます。

ウエストもヒップもマイナス5cm

わー、毎日、ひねり腹筋10セットしかしないくせに、目標だけデカイ。

なぜ5週間かというと、1週間に1cmずつ細くなりますようにと願うからです。

多分、そんな簡単に細くなんかならないだろうなって、いつものように思っていると絶対細くなんかならないから、本当にお腹周りがシュッとなることを夢見て、チャレンジしてみます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!