キツクしまっている容器のキャップが開けられないとき、輪ゴムが役に立ちます。

広告

最近、新品の容器のキャップが固くて、なかなか開けられないさわこです。

友達が「最近、力がなくなった」と言っていたので、私もついにその時が来たかとショックです。

それにしても、「固すぎるやろ!」と言いたくなるくらい固くキャップが締められていますよね。

洗剤は、当然、詰替え用「超特大サイズ」お徳用を買っていますよ。

このキャップがなかなか開かないんです。

ペンチを持ってこようかと思いましたが、「わざわざペンチか?」と思い直し、台所にあるもので何とかしたいと考えました。

滑らなければいいと考え、アルミホイルを使ってみました。

まぁ、何とか外せました。

それを友達に誇らしげに語ったら、「輪ゴムで取ってるよ」と軽く言われました。

輪ゴムで挑戦

花粉が辛い季節、目薬代わりに愛用している「ばんのう酵母くん」

これも以前は、楽勝に開けていたのですが、最近購入したものは、すごく開けづらい。

輪ゴムを巻き付けて回してみると、ゴムが完全に滑り止めになるのですぐ開きました。

キャップが開けにくい方、輪ゴムを利用して開けてみてください。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!