【ストレングスファインダー】自分の『強み』は、うまく使って初めて『強み』となることを知る

広告

ストレングスファインダーでは、人間の資質を34個に分けます。

個々人が34個の資質を、どのような順番で持っているか、テストで診断して、自分の『強み』を見つけていきます。

ブログ『自分の心を殺してはいけない』の琴市しづかさんが「ストレングスファインダー」のワークショップを開催しています。

受けた人たちが口々に「別の『強み』のグループの人の発言を聞くとザワザワした」と言っているのがすごく気になっていました。

私も『さあ、才能に目覚めよう ストレングスファインダー2.0』を購入し、本についているアクセスコードを使用してテストをしてみました。

テストをして、結果を見たのはいいけれど、「果たしてこれが『強み』なのか?」「だとすれば、どうやって生かしていくのか?」わからないまま放置していました。

そんなときに、たまたま、しづかさんのコーチングを受けるチャンスに恵まれることになったのです。

受けてみて初めて『強み』の意味が分かりました。

それで、しづかさんのコーチングの良かった点を紹介し、皆さんにも受けてみることをおススメしたいと思います。

良かった点1 自分の上位の『強み』に集中して学べた

私は、事前にテスト結果をお知らせしていました。

その時、1位から34位まで全部書きだし、他の人に比べて「適応性」最下位が気になることも伝えました。

ちなみに、私の上位5つは
1位 学習欲
2位 個別化
3位 達成欲
4位 目標志向
5位 調和性

下位5つは
30位 原点志向
31位 最上志向
32位 競争性
33位 戦略性
34位 適応性

でした。

しづかさんから、「初めてなので、上位5つだけを見ましょう。」と言われました。

あとからわかったことですが、すべて『強み』なので、下位のものは気にしなくてよいようです。

それより、せっかくの上位より下位ばかり気になること自体が問題ですね。

良かった点2 自分で納得できなかった『強み』に関して、深く掘り下げて学び納得できた

「上位5つのなかで、どれが一番気になりますか?」と尋ねられ、返答に困りました。

「どれに違和感があるか?」と切り返されると、すぐ「調和性」と答えることができました。

それ以外の4つは、自分でも良いことだと思っているので抵抗がありません。

それに比べて、「調和性」は、私にとっては自分の意思に反してその場の調和を取ろうとしてしまう傾向があるのが辛いという部分でもありました。

良かった点3 うまく使えていない『強み』は逆にストレスを産むものと知った

『強み』は良いものと思い込んでいましたが、せっかくの『強み』も『強み』なのに活かされていないと力が発揮できていない分、イライラしてしまう要因になるようです。

そして、私に「全体を見回し、うまく調和をとる能力がある。」と断言するのです。

正直、「えっ」と否定的に受け取りました。

「いろんな人の顔色の変化が見えたり、不快な感情が伝わってきたりして辛いだけなのに」と訴えてみました。

そして、その原因として私の生い立ちである「姉と父がいつもけんかしていて、母が責められ、祖母が父をなだめ、私はいつも無力でその場でじっと耐えていた」ことを話しました。

しづかさんからは、「調和性をうまく発揮できたことはないか?」と尋ねられました。

「う~ん」と絞り出すように考えてみると、フラダンスのパーティーで苦手なはずの司会をしてうまくいき、みんなに楽しんでもらいいい雰囲気で進行できて実は自分も楽しかったのでした。

「ちゃんと『強み』を発揮できてるじゃないですか!」

「えっ?」

「それが『強み』なんです!」

「えっ、でも私が何回もシュミレーションして一生懸命努力してやっとやっとできたことだから、他の人だってできると思う。」

「他の人でもっと上手にできる人もいるかもしれないし、できない人もたくさんいます!」「さわこさんは、そういう『強み』があるからできるんです。」

「えっ?」

驚くことばかりでした。

私には、「調和性」という『強み』が備わっており、それを発揮したら周りの人をうまくまとめてみんなを幸せな気持ちにしていくことができる☆彡

「人の気持ちを感じすぎて辛い」の状態でおさまっていないで、『強み』をうまく使えるようになれば・・・そうなのかぁと嬉しくなりました。

良かった点4 「他の人だってできる」ということはないとわかった

学校の先生をしていたせいでしょうか?目標を定めて、それに向かってコツコツ努力して夢を実現するのは素晴らしいことと信じています。

そして、みんながそうしたいだろうと思い込んでいました。

しづかさんから「さわこさんは、目標志向が強く、達成欲があるから特別にそうなんだ」と言われた時もびっくりしてしまいました。

私にとっては当たり前のことで、みんなそうあるべき!と思い、生徒たちにはそれを強制してきました(>_<)

だから、私は、一つのことをやり遂げるまで、他のことを犠牲にしてでも頑張りぬいて実現してしまったのですね。

知りませんでした。

少なくとも日本人は、みんなそうだと思っていました(^^;)

これもまた、「目的地に着くことを気にしてばかりで、旅の楽しみが半減する」「仕事が人よりも重要であると思ってしまう」などの障壁がありますが、『目標を実現できる』と思える私の『強み』なんだと理解しました。

さいごに

自分の『強み』はその強さゆえにうまくコントロールしないと暴走してしまいます。

自分をよく理解するために独りよがりにならず、コーチングを受けることはとても良いことだと痛感しました。

少し間を置いて、また受けてみたいと思っています。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!