言いたいことが言えないと体調が悪くなる。(ひとりごと)

広告

納得いかないことがあるとなかなかカラッと気持ちを切り替えられないです。

どうも、隠していても表面にまで出てしまうようです。

ダメですね。

「しんどそうな顔してたね。どうしたん?」って、翌日2人に尋ねられました。

表情が硬かった。面白くなさそうな顔をしていた。らしいです。

確かにそうかもしれないです。

いや、見ていてそう見えたということは、そうだったんだと思います。

私としては、午前中から目の奥が痛くなって、コンタクト入れているのがしんどくて、メガネに切り替えたけど、それでも目がすごく疲れた感じでしんどかったです。

ただ、人前では、それなりにちゃんとしていたつもりだったんですけど、多分、いつもと雰囲気が違っていたのでしょう。

親しい人たちに心配をかけてしまいました。

ストレスです。

自分の中でモヤモヤしていることがあって、どうしても納得ができない。

自分の思い通りにならないことなんて山のようにあるだろうに、なんで引っかかるんだろうか。

自分の好きなようにやりたいときに、納得いかない説明でブレーキ掛けられると、戸惑う。

仕方がないので、嫌なものは嫌だと認めることにする。

人の意見に対して、合わないものは合わない。

無理に合わせようとするから、苦しくなる。

合わないし、自分のやり方でやりたい。

だめなら、代わりにやってほしい。

でも、そんな言い方されたらいやだと思う。

だから、人が不快に思うことを言いたくない。

そう思って、黙っていたら、目が痛くなって、表情が硬くなって、結局、不機嫌なのがばれてしまった。

まだまだ修行が足りないな。

雅美さんの絵

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!