「家を出てマンションに暮らしたい」は、本当か?(24/100)

広告

結婚前、ずっと家から出たいと思っていました。

抑圧されている感じで、全然自由じゃなかった。

家を出たら、自由になれると思っていた。

人生いろいろあって、結局、また元の家に戻ってきました。

「家を出て、マンションで暮らしたい。」

できれば高層マンションの高層階の眺めの良いところで。

そんなふうに夢見ていたんだけど、それを実際、口に出したら、何かが違っていました。

「いいね」「住む場所を複数持つこともできるよ」と言われたのです。

「えっ」と驚きました。

自分で言ったのに、自分が驚きました。

確かに、何でもやろうと思えば可能です。

母は元気になってきたのだから、私は私のやりたいように過ごせばいい・・・確かに。

でも・・・。

「そんなことできない」と思い込んでいる自分がいます。

本当に私がやりたかったら、やればいいのです。

でも、ずっと家に縛られていると思い込んできたので、自分が自由であると思えないのです。

「今、リフォームして快適に過ごせるようにした家があるのに、なぜ敢えてここを出ていくのか?」その説明が自分で自分にできない。

何か、私は、自分自身の問題を家のせいにしたり、母のせいにしたりしているような気がします。

ただ、家じゃないところで暮らしてみたいというのもずっと思っていることです。

私の中のブロックが外れたら、長期、家を空ける生活をするのかもしれません。

金沢に家がありながら、いろいろなところを旅するのもいいし、あたたかくて、気候の良いところへ引っ越すなんてこともあるのかもしれません。

ずっとここにいなければならないって思い込みがあるから、必要以上にどこかへ行きたいと思ってしまっているようです。

今の生活の何が不満なのか、問題は、家ではなく私自身の心の持ち方かもしれません。

ふっと父が「瀬戸内のあったかいところに住みたいなぁ」って言っていたのを思い出しました。

本当は、家に縛られて、苦しくて、逃げ出したいと思っていたのは、父だったのかもしれません。私が自由奔放に楽しく過ごしたら、母は嫌がるだろうけど、父は自分ができなかったことを私に実現してもらい、嬉しいかもしれないと思いました。

自由な身なのに、勝手に自分でいろいろなものを抱え込んでいるので、もっと本格的に自由人になろうとしていきたいです。

私も年に数回ハワイへ行く人になろうかな☆彡

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!