「ゴールがあるから、そこまで頑張れる。」私が教師だった時、生徒から学んだこと。#100blogs(62/100)

広告

私が初めて中学校の教師になり、顧問として指導したテニス部はとても強かった。

生徒は、前任の先生に鍛えられていたので、大学を出たばかりの私が猛特訓しても負けずについてくる子たちだった。

そのうちの一人の言葉が、今でも忘れられない。

「私たちは、強くなりたいからやる気はあります。だけど、いつ終わるかわからない練習をしていると、集中力が切れてきます。終わる時間をきちんと決めてくれたら、私たちは最後まで頑張れます。」

その通りだと思いました。

今でもその通りだと思います。

「ゴールがあるから、そこまで頑張れる。」

当時23歳だった新米教師の私は、14歳の中2女子の訴えに対し、全く反論できず、カッコ悪いけど「本当にそうだね。今度から気を付けます。」と謝りました。

『先に生まれただけの私』でした(;´∀`)

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!