「最寄り駅まで徒歩〇分」は、80mを1分として算出されている。【宅建合格を目指して】(13)#100blogs(63/100)

広告

宅建合格目指して、勉強中。

宅建とは無縁の普通の人も知っておいたらいいと思うことを書いています。

CHAPTER03 法令上の制限
SECTION05 景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)

各種施設までの所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示する。

「最寄り駅まで徒歩〇分」という表示をよく見ますよね。

それを判断基準にして、物件を探すことが多いと思います。

その「最寄り駅まで徒歩〇分」って、『どういう歩き方で〇分と言うのかな?』って思ったりしませんか?

歩き方は人それぞれなので、スタート地点から目的地までの道路の距離を合計して、それを80で割って計算します。

例えば、道路距離が420mの場合、

420m÷80m=5.25

1分未満の端数が生じたときは、1分として算出します。

つまり、「6分」となります。

「最寄り駅まで徒歩6分」と書いてあれば、80m×6分=480m以内ということです。

あとは、自分の歩き方が1分間で80m進んでいるかどうかです。

最近、よく東京へ行って、つくづく東京の人たちの歩き方が速いと感じます。

金沢なんて、移動はほとんど車で、歩くときものんびりしていて、駅まで徒歩6分と書いてあってもピンとこないのが正直なところ。

でも、道路距離80mにつき1分が基準と知っているだけで大体の距離が分かり、車で行けば〇分で行けるなどと計算することも簡単です。

きちんと所要時間の算出基準が決まっていて、それに基づいて表示しなければならないと規定されているので、どのチラシを見てもそれが正しいと思ってよいということでした。

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!