オリンピック開催できて良かったね

広告

毎日オリンピックの競技を見るのが楽しくてたまりません。

アスリートたちのプレイが本当に素晴らしいですよね。

無理してでも開催できて良かった。

できない理由なんて、言い出したらキリがない。

やめるのは簡単。

だけど、諦めたらきっと後悔する。

あのとき、できていたんじゃないのかって。

戦争や紛争もこの期間だけはやめようと約束しあって、みんなで厳しいルールに従って競技を楽しむ。

全力で戦った相手を讃えあう。

それがオリンピアの精神ですよね。

2020年のまま、時が止まっていた日本。

やっと動き出した。

コロナウィルスとともに生きていくのだから、絶滅を目指さなくていい。

どうせ相手はどんどん形を変えていくのだから。

自分自身の免疫力を精一杯鍛えて、たくましく共存していこう。

開会式は確かにショボかったけど、最後の聖火ランナーで松井が長嶋さんを支えてゆっくりゆっくり歩いて、長嶋さんも頑張って歩いて、それを王さんはじめみんなが優しく見守っていて、最後に長嶋さんがニッコリ笑ったのがすごく良かった。

そして、何より大坂なおみちゃんがかわいかった。

差別に対して、堂々と抗議のアピールを表明するなおみちゃんが最終ランナーに選ぱれていることを誇りに思う。

過去にいじめをした人が解任されるのもみっともないことだけど、オリンピックのおかげで、日本の中の膿が出て、結果的に良かった。

森元首相もそうだけど、私たちがずっと嫌だなと思っていたことで諦めていたこと、日本人同士では 相手の力が強すぎてダメだと言えなかったことが国際世論によって正されてありがたい。

いじめにしても、今いじめをしている人は後々、それが自らの仕事も信頼も全て失うことにつながるからやめておこうと思ったら、それもまた結果的に良いことだ。

何もしないで批判する人より、批判されても頑張ってやってみる方が好きだ。

コロナ禍においても、ずっと黙々とトレーニングをし続けてきたアスリートたちの姿が、文句ばっかり言っている人たちに「みんなで頑張っていこうよ」と呼びかけているように思える。

2020年の4月からずっと立ち止まっていたけれど、もうそろそろ動き出そう。

きっとワクチン接種が進んだら、日本も元気になってくるね。

もうコロナに感染した人を責めたり、政府の批判ばかりしたりするのやめよう。

私たちにはもっとやらないといけないことがあるんじゃないかな。

感染対策をしっかりしながら、みんなで助け合っていかないといけないんじゃないかな。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!