やっと見えてきた幸せのカタチ

広告

娘夫婦の家が隣に建ちました。

かつて、私の家がそこに建てられていました。

建てられたというのは、私の希望ではなかったからです。

私はとにかく親元から離れたかった。

ずっと自由になりたかったのに、結局、親のそばにいました。

そして、今、親の家に住んでいて、その隣に娘がいる。

まるで、父がしてきたことを私も娘にしているようで、怖くなるときがあります。

娘に聞いたことがあります。

お母さんは、おじいちゃんの家の隣に家を建てるのが嫌だったけど、あなたは嫌じゃないのかと。

娘は、「はっ?なんのこと?」という感じで、「全然嫌じゃないよ」と言いました。

そして、「私はお母さんとは違うし、お母さんはおじいちゃんとは違うから」と。

自分はお母さんのように、小さいことを気にしてグダグダ考えるタイプじゃないし、お母さんはおじいちゃんみたいに人に何かを強制するタイプじゃないからということだそうです。

お母さんが何か言ってきても、私は嫌なことはしないし、お母さんはへなちょこで弱いから別に気にならないとも。

なんとまぁ、舐められてる(笑)

でも、娘(二女)は最初からこんな感じだったわけではなく、私が仕事を辞めて家にいるようになり、よく話をするようになってから関係が良くなってきたのです。

そうしている間に、私が転んで骨折したり、不動産関係のことで悩みを相談したりするようになったりして、助けてもらうことが増えました。

家に帰ったら、こんな手になっている私を見て驚いた娘。2年前の出来事でした。

会社に勤め、二度も転職を経験して、娘自身も成長したのだと思います。

そして、私も父や母の介護をとおして、自分を見つめ直す機会を得たのだと思います。

自分が後始末しなければならない。娘たちに自分と同じような苦しみをさせたくない。

そう頑張り過ぎていました。

骨折して、力が抜けたら、ちょうど良くなったみたいです。

きっとまわりの人はみんな、私が笑顔で元気にいることを望んでいると思います。

私がまわりを幸せにしなければと頑張ってきたけれど、私が頑張らない方がみんなニコニコしています。

なぜかと言うと、私がニコニコしているからです。

ありがたいことです。

私は自分が幸せになるようにすればいいんだとようやく知りました。

私は人の応援をするのが好きです。

私が本気で応援してきた人や生徒たちはみんな成功しています。

これからは、その応援を家族にしていきます。

家族が幸せでいることが私の一番の幸せですから。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!