自分に自信がないと言ったら驚かれたけれど。#100blogs(35/100)

広告

正直に「自分に自信がないです。」と言ったら、驚かれました。

「そんなふうに見えない」と言われ、「自信あるように見えるのか?」とこちらが驚きました。

自分に自信がない原因は、どこから?

なぜ、私は自分に自信がないのだろうと考えてみました。

どうも、子どものころに原因があるようです。

子どものころ、私は家の中で何も言えなかったです。

父と姉がいつもけんかして、母が叱られ、祖母が間に入って父をなだめる。

私はと言えば、姉にも父にも母にも祖母にも、言いたいことがあるけど何かを言おうとすると先に涙が出てきて、何も言えず、頭の中でいつも言葉がグルグル回っていました。

そこで、もし何かを言っても誰も私の言うことを認めてはくれないだろうとあきらめて、モヤモヤだけが残っていました。

だから、ずっと自分を出せずにきました。

そんな私が自信を持つ要素が、家の中になかったように思います。

自信がないのになぜ自信があるように見えるのか?

なぜ自信があるように周りから見られるのでしょうか?

考えられることは、私は、言いたいことを言えなかった分、秘めた力があって我慢強く、負けず嫌いでもありました。

だから、対外的には、受験でも仕事でもまぁまぁ成功してきたんだと思います。

本当は、どうなのか?

外では強かったけど、家の中では弱いままでした。

最後まで、父に逆らいきれませんでした。父の言うことが間違っていると思っても、反発するだけで、間違っているとまでは言えませんでした。

本当は、お金よりも人の心の方が大切だって父に教えたかったです。心が通じ合えば、ケンカしなくても人はちゃんということを聞くものだと教えてあげたかったです。

言えませんでした。

今、私を抑え込んできた、と自分で思い込んできたものから解放され、心が自由になりました。

私は、もっと自分に自信を持ってもいいのだと知りました。

私は、自信を持ってもいい。

私のことを知る人たちからすると、「いったい、何を言ってるんだ?」とあきれ返るかもしれません。

でも、小さい頃の「言いたいことがいっぱいあるのに言えなかったときの気持ち」が抜けきらない。

もう、すっかりおばさんになったのだから、自信をもって、どーんと構えていてもいいのに。

さいごに

周りの人のほうが私のことをわかっているのかもしれません。

だから、私が「自分に自信がない」と思っているのは、今は、ちょっと違うのかもしれない。

小さい頃の弱気な私に「すっかりオバサンになったから、もう大丈夫」って気づかせてあげたい気持ちです。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!