「時間がないから、お金がないからできない」は違うと思います

広告

時間がないからできない。

お金がないからできない。

そんなふうに思っている人はたくさんいると思います。

でも、それは違うと思うのです。

他の人と比べることはできないので、自分の経験から言います。

私は、53歳で天職と信じていた教員を辞めました。

いきなり父が倒れて、いつ死ぬかわからないという状況だったからです。

結局、延命措置の胃瘻をして2年間寝たきりの入院生活を送ってもらっている間に精一杯の相続税対策をして、アパートを2棟建てました。

おかげさまで不労所得として不動産収入ができ、働かなくても十分生活できます。

ただ、そうやって時間とお金があっても、私は全然幸せではありませんでした。

むしろ、不幸でした。

なぜなら、何もすることがなかったからです。

今まで仕事ばっかりしてきたので、これといって趣味がなく、誰かとどこかへ行きたいと思っても友達はみんなまだ仕事を続けていました。

母が、亡き父の代わりに私を頼りにするのも負担でした。

そんな私は、スタジオ経営を始めてお客さんが増えて、友達も増えて、フラダンスのイベントに参加する頃になると忙しくてたまらなくなり、ようやく楽しくなってきました。

仕事を辞めたら自由な時間がいっぱいできて、やりたいことがいっぱいできる・・・なんていうことは実際にはありません。

ボーッと1日を過ごしてしまうと、何もやっていない自分が嫌になってくるものなのです。

その当時の私は、社会から取り残されて一人ぼっちだと感じて、孤独でした。

極端な例をあげると、私の父はずっと朝3時に起きて一生懸命働き続け、たくさんお金を貯めていました。

でも、脳幹部出血で倒れて以来、喋ることも食べることも寝返りすらもできず、2年間ずっとベットに横たわるだけでした。

それこそ、時間もお金もあり余るほどあるのに何もできませんでした。

だから、時間があれば、お金があれば思ったことができるなんてことはないのです。

体も心も健康であることが何より大事なのです。

時間やお金はきっと「命」に比べたらちっぽけなものなんだと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!