辞める日を決めてみると、やりたいことが明確になった

広告

経営コンサルタント 株式会社NICEON代表取締役 よかとこ塾主宰の四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)さんが、今日の公式ブログで気になることを書いていました。

辞める日を決めてみると、やりたいことが明確になる

四ケ所さんは、2032年3月31日に、NICEONの代表取締役を辞めると決めているそうです。

この日付が大事で、その日までの「13年後の会社の姿は?」「その間に為すことは?」「どういう道を歩く(どういう計画にする)?」を考えることが大事なのだそうです。

普通の人は、あまりここまで先のことを決められないですよね。

来年どうなっているのかもわからないのに・・・と思いがちです。

でも、よく考えてみたら、自分の人生なのに、これからどう生きていきたいのか、わからないっておかしいですよね。

自分で決めればいいのです。

私は、いつまでレンタルスタジオ経営をするのか?

自分のことで考えてみました。

私は、いつまでレンタルスタジオ経営をするのだろうか・・・?

以前から、不安になることもありました。

なにしろ、私自身が既に60歳です。

今、元気にスタジオへ来てくれている同級生の友達たちは、同じく歳をとっていきます。

7つ年上の姉は、今は元気に車を運転して通ってきてくれているけれど、いくつまで運転できるのかなと心配になったりします。

あと10年で辞めようかなと思いました。

あと10年で何をしたいのか?

あと10年と期限を区切ってみて、その間に私は自分のスタジオで何をしたいのかを考えてみました。

ここで、頭の中がサーっとクリアになりました。

私は、一体なんのためにスタジオを運営しているのかという問題を考え始めたのです。

私がスタジオを作ったのは、同級生でピラティスをするための場所を作りたいというのがきっかけでした。

同級生が集まれる場所、自分がヨガやフラダンスを習える場所、モーニングSeriやブログ塾など自分がやりたいイベントができる場所があればいいのです。

やらないことを決める

これからは、親しい人以外に場所を提供するのをやめようと思います。

現在、定期的に使ってもらっている人については、相談して決めていかなければなりませんが、それ以外の人の申し込みは基本的にお断りしようと思いました。

空いているから場所を提供する、そんな真面目さが徐々に私自身の時間をも提供してしまうことになっていってしまったようです。

私は自分の時間がなくなってきました。

さいごに

辞める日を決めてみたら、本当にやりたいことが明確になりました。

私は、これから10年間、「自分のためにスタジオを運営し、レンタルスタジオとしての形をやめる」と決めたらスッキリしました。

こういう結果になると思っていなかったので、少し驚いています。

何事も「終わり」を意識すると質が高まる気がします。

きっと人生もそうですね。

漠然と生きるのでなく、期限を区切りながら自分がどういう生き方をしていきたいか、何ができるかを考えて悔いのないように過ごしていきたいものです。

あと10年間、スタジオSeriでどれだけ楽しいことがやれるかな。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!