「ありがとうの反対ってなんだと思う?」

広告

親しくしている年上の友人から、素晴らしいことを教えてもらいました。

「ありがとうの反対は、なんだと思う?」

そう尋ねられたとき、私は、何も思い浮かびませんでした。

「無関心」は違うよな・・・と考え込んでいたら、答えを教えてくれました。

「ありがとう」の反対は、「当たり前」だと。

助けてもらってありがたいという場面で、「当たり前」って思ってしまうと、それは大きな過ちであると。

昔、過保護過干渉の父親に対し、ウザいとしか思えなかった。

亡くなった後、父親は愛情表現が下手だったんだなとつくづく思う。

私は、娘たちに、生きている間にお互いにありがとうと言い合いたい。

まず、自分から「ありがとう」と伝えたい。

私のところへ生まれてきてくれたことも嬉しいし、今日までずっと元気で育ってくれていることも嬉しい。

私がケガをした時、心配して助けてくれたのも嬉しい。

私に「元気でいてほしい」と言ってくれるのも嬉しい。

私は、人生でうまくいかなかったこともたくさんあったけど、神様に2人の娘をプレゼントしてもらえたことは本当に感謝している。

ずっと孤独感があった私が長女を宿ってから「自分は一人ぼっちではない」と思えるようになった。

なぜか女の子2人のお母さんになるというのが夢だった。

中学校の先生になってテニス部の顧問として、全国大会へ出場するという夢と合わせて2つの夢を叶えることができた。

私はとても幸せ者だと思う。

だからこれからも、娘たちが幸せに暮らしていけるように応援していきたい。

そして、私も助けてもらいながら幸せに生きていきたい。

この広い世界で、平和な日本で過ごしていること。

いろいろなことが奇跡の連続に思える。

明日何があるかわからないし、10年後、20年後どうなっているかもわからない。

今、(私はケガしているけど)家族みんなが元気でいることが、決して「当たり前」でなく、ありがたいことだと思う。

多分、祖母や父や以前飼っていたポメラニアンのくりこが空から見守っていてくれている。

私もいつか星に戻る日がくると思うけど、その日まで精一杯家族仲良く暮らしたい。

ありがとう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!