「部屋の乱れは心の乱れ」である【こんまりさんの日めくり 8】

広告

こんまりさんの日めくり、8日は「部屋の乱れは心の乱れである。」でした。

確かにその通りとそのまま受け取ってしまった私ですが、こんまりさんの思いはかなり深かった!

散らかすという行為は、自分が抱えている問題の本質から目をそらすための人間の防衛本能といえます。

片づけをして部屋がきれいになると、自然と自分の気持ちや内面に向き合わざるをえなくなるはずです。

 

私たちは、「部屋が乱れる」と思っていますが、こんまりさんは部屋は勝手に乱れない、そこに住んでいる自分自身が「散らかす」のだと言います。

しかも散らかすのは、自分が抱えている問題の本質から目をそらすための防衛本能・・・。

そんなことを言う人は今までいなかったように思います。

本当にそうなのだろうかと考えてみました。

一番最初に思い浮かんだのは、書類です。

私にとっては苦手な不動産関係の書類たち。

アパート建築当時のたくさんの資料は、契約書や領収書などどれもこれも大事なもので、全部捨てられないものとしてまとめて保管してあります。

散らかしているわけではありませんが、課題に向き合って整理整頓していこうとは思えていません。

だから、私の中は、いつもわからないものを抱えたままの状態です。

そこを綺麗にすることはとてもエネルギーがいることです。

部屋の一角に自分が向き合えないものを抱え込んでいる限り、やっぱり心はいつまでもスッキリしません。

こんまりさんの言いたかったこととズレたかもしれませんが、私はあの書類たちに立ち向かわなければならない時がきているのかなと思いました。

部屋を整えることができたら、きっと心が落ち着きますね。

2015年に発行された「日めくり」は、今は中古品しか販売されていないので貴重です。

 

片づけには体力・気力が必要ですという記事を書いたばかりです。

部屋が乱れている時は、きっと疲れているんだと思います。しっかり休んで体力・気力を回復させて、気分転換もしていい気持ちになったら、掃除しようってやる気が湧き上がってくるはずです!

頑張って部屋の中のグチャグチャの部分を整えよう。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!