「理想の暮らし」をとことん考える。【こんまりさんの日めくり 4】

広告

こんまりさんの日めくり、今日4日は「『理想の暮らし』をとことん考える。」でした。

どんな暮らしがしたいのか。
なぜ、そんな暮らしがしたいのか。
自分は何を手に入れたいのか。

今日、一日とことん考えてみてください。

と、こんまりさんに言われちゃいました!

「どのような人生を送りたいのかに繋がるはずです」って。

そう言われてみたら、私は『理想の暮らし』って考えてなかった気がします。

自分がどんな暮らしをしたいか、なんて決めてできるものでもないし・・・なんて悲観的でした。

一生懸命仕事して、子ども育てて、急に母親と一緒に暮らすようになって、やっぱりまた戻ってきて、今度は一人暮らし。

自分が思い描いて進んでいるわけじゃなく、なんとなくの流れで今があります。

結構そんな人も多いのでは?

そんな私がいきなり「理想の暮らし」を考えてみたら、苦しくなってきてしまいました。

人生100年時代。

これからどんなふうに生きていくのか・・・。

今まであまりに自分の「理想」を考えずにきて、60歳になって今さら「理想」を描いても実現するのだろうか、と逆に不安になってしまいます。

でも、こんまりさんは、きっと幾つになっても「理想の暮らし」を目指してって言ってくれるような気がします。

それなら、これからの私の「理想の暮らし」はやっぱりシンプルに少ないもので慎ましい生活です。

家もホテルのように必要最低限のものだけにして、たくさん旅行を楽しみながら、身軽に過ごしたい。

そう思うと、まだまだ多くのものを背負いこみすぎているので、肩の荷を下ろしていく必要があります。

実は、「理想の暮らし」をとことん考えようとしたら、体がしんどくなってきて、しばらく横になって休んでいました。

とことん考えるって、なかなか大変なことでした。

はっきり「理想の暮らし」のイメージまで描けなかったけど、とにかくよく考えてみました。

「捨てる」とか「掃除する」は簡単だけど、「理想の暮らしをとことん考える」はかなり難しかったです。

2015年に発行された「日めくり」は、今は中古品しか販売されていないので貴重です。

 

 

60歳からの「理想のシンプルでミニマルでお気楽な暮らし」が実現できるように、
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援してくださ〜い。
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!