翔くんからのメッセージにジーンときちゃうよね

広告

嵐のファンクラブに入っていると定期的にお便りが届きます。

今回は、ニノのプロデュースで「みんなに作文を書いてもらって、その”言葉”だけで構成したい」という”直筆”作文でした。

テーマは「自分について」

翔くんの思いがすごく伝わってきて、ジーンときました。

翔くん、13歳中学2年生の10月21日土曜日、ジャニーズ事務所からオーディションの手紙が届き、10月22日日曜日お父さんの運転で六本木へ行って、会場前で一人で車を降りて一人でオーディションを受け、一人で帰ったそうです。

オーディションの手紙が届いた時、お母さんは台所で爆笑し、お父さんは「行くな」と一言発したのみだったとのこと。

その後、お母さんがサポートしてくれて、お父さんは”黙認”という形で。

高校生の時、お母さんは保護者会で「あの合唱団みたいなことは、いつお辞めになられるのですか?」と尋ねられ、お母さんは「うちは本人の意思に任せていますので」と返されたとのことで、さすが翔くんのお母様ですよね。

お父さんとは、「留年したらジャニーズを辞めること」という約束をしていたそうです。

大学に入るときも「留年したら、以後の学費は自分で賄うこと」と。

そのお父さんから、2019年5×20のコンサート終演後、「1曲目の”嵐”泣きました」とスマホにメッセージが届いていたそうです。

以前、都知事選に立候補要請があり、注目されたお父様なのでテレビで見たことがあります。

翔くんの作文のラストが熱いです。

13才、17才の決断、家族の理解、家族の支え・・・親としての決断
前を向くだけでは耐えきれず、上を向くことでしか進めない。
・・・いざ。
感謝で全てを包み込める日まで。

やっぱり素晴らしい人だわぁ。

自分らしく生きたいという大野くんの思いを大切にしつつ、誰も傷つかない最大限ベストな決断をし、みんなを納得させることができる人。

嵐のメンバーは、みんな本当に素敵な人たちですね。

勇気をもらいます。ありがとう。

2017年に行った東京ドームのコンサート最高でした。もし、良かったら読んでみてください。
どうしても嵐のコンサートの魅力を語りたい

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!