自信は大切だけど、過信はいけない 健康はお金じゃ買えない

広告

自己肯定感が上がり、自分に自信を持てるようになったのは良いことなんだけど、過信というか若干のおごりが自分の中にあったような気がします。

退職後、自由な人生を手に入れ、「お金さえあれば年とっても一人で何とか生きていけるんじゃないか」って思ってしまっていました。

健康すら、「食べるものに気をつけて、日頃から運動して体のメンテナンスをちゃんとやっていれば大丈夫」なんて、思い込んでいました。

そして、「娘たちに迷惑かけないように、適当な時期に有料老人ホームに入って悠々自適に人生を全うするぞ」って。

今、左手複雑骨折して、心身ともに落ち込み、家族や周りの人たちに支えてもらって、やっとやっと暮らしています。

愚かですが、自分の人生でケガをするということを想定していませんでした。

でも、よく考えたら、事故にあうことだってあるかもしれない。

いつ何が起きるか、わからないのに、「お金さえあれば何とかなる」なんて、思い上がりでした。

お金をかけて健康な体を保つ努力は必要ですし、お金がたくさんあれば高度医療を受けることが可能かもしれません。

でも、それでもどうすることもできないことだってあるし、そこまでする必要があるかもわかりません。

年齢を重ねると、どんどん体が自分の思い通りにならなくなっていく可能性が高くなります。

それを受け入れ、穏やかに無理せず体の声を聴きながらボチボチやっていくのが良いようです。

そして、「年とっても一人でなんとか!」なんて強がり言わず、娘たちに助けてもらえるように、これからもずっと家族を大切にしていきたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい