失敗を怖れないで 大丈夫 きっとうまくいく

広告

私自身に向けて書いていますが、きっと何十年後かの私や、誰かに必要なことかもしれません。

「失敗」を怖れない。

失敗は、今の私にとっては「痛み」です。

「痛み」を怖れないで大丈夫 きっとうまくいく

左手複雑骨折してボルト固定中ですが、患部以外は動くはずなのに、ずっとギプスしていたら全然動かなくなってしまいました。

抜糸後、不衛生にならないよう、毎日、ボルトが刺さったままの患部を石鹸で洗います。その痛々しい状態を見るたびに、ドッと全身の力が抜けていきます。

どうしてこんなことになってしまったんだろう、これからどうなるのだろう、マイナスの気持ちが私を覆います。

昔から「痛み」には過敏でした。

注射の針も見ることができません。

「怖い」という感情が先に立ってしまうのです。

「痛い」は思い込みで、本当は痛くないぞ!

今回も、私の過剰な怖れのせいで、ギプスで固定されたまま曲がった指はちょっと触れるだけで「痛い」と思ってしまって、動かすことができませんでした。

でもこのままでは、患部が治っても左手が動かなくなる恐れがあります。

だから、「痛い」と思わないようにして、動かさないといけないのです。

リハビリの先生がしてくれたように、そっと動かしてみます。

大丈夫、ちょっと痛いけど、我慢できる。

こうやって頑張って動かしていったら、きっとちゃんとまた動くようになるはず。

大丈夫、きっとうまくいく

もし、今、何かうまくいっていないことがある人も、きっと大丈夫。

私の左手みたいに、今はうまくいってなくても、本来の素晴らしい力を取り戻してあげたら、きっと今以上にうまく行くと思うよ。

人間の体は、とってもすごいんだから、その力がのびのび発揮できるよう、ブレ-キかけるのやめようね。

私も本当は痛くないのに怖がって「痛い」「痛い」って大騒ぎするのをやめる。

大丈夫、きっとうまくいく。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい