親子の関係は難しい。意地悪な見方はやめたい。

広告

私の母は人に頼るのが上手です。自分ができないことを、ちゃんと人に手伝ってもらっています。

私はそんな母のことを意地悪な気持ちで見ていました。

私に頼んでおきながら他の人にやってもらっている時などは腹が立って、「勝手にすれば!」と言い放ってしまったりします。

母の方も私が思っていた以上に気が強く、だんだん私に頼まなくなって、親戚の人に車に乗せてもらって病院へ行ったりしています。

私は父のように自分でなんでもやっていくタイプで、母とは違うとずっと思ってきました。

ところが、今日、ふと気づいてしまいました。

私も母と一緒だと。

今日はフラダンスの慰問の日でした。

みんな髪をアップにして、きちんとメイクをします。

私は自分でできないので、いつも上手な人にお願いしてやってもらっています。

(あれっ、もしかして私って、しっかり人にお願いしてる・・・。)

私の周りの人も私が自分でできないのを知っているので、やってあげると言ってくれるのですよ。

それをいいことに私は完全に甘えてやってもらっています。

しかも私は日頃から「自分でできないことはやってもらうのが一番!」なんて平気で言っています。

母のことを意地悪な気持ちで見ていたはずなのに、私の方が人に上手に助けてもらっているようです。

母はもうすぐ88歳になります。

高齢なのによく一人で頑張ってるじゃないかと思えてきました。

あんまり意地悪な見方をしてはいけませんよね。

母が私を頼ってくるのが負担なくせに、親戚を頼ると私の立場がなくなるみたいで不快なんでしょうね、私が。

親子は、なかなか難しい。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!