人から言われることを気にしない

広告

私は結構リアルに人と接する機会が多いので、いろいろ言われることがあります。

すごく気にしてしまう性格だったのですが、極力、気にしないようにしています。

気にする人だねって言われることも気になってしまうのですから重症です。

私は、小さい頃から、人の顔色を見て生きてきました。

なんでそんなこと言うのかなっていつも考えながら人の話を聞いてきたように思います。

小さい頃の話なので、今は随分と図太くなってどちらかと言えば鈍くなっている時もあります。

お金があるからいいねって言われるのもすごく嫌でした。

お金ってみんなに平等に分けなければならないものなのか、と真剣に考えたくらいです。

そして、お金がないと言っている人のことを真に受けて、本当に生活に困っているのかと思っていました。

そんなことなくて、私の方がうんと質素な生活していました。

明るくなったねと言われると、前はそんなに暗かったのかなと卑屈になったりする困ったサンでした。

でも、毎月お顔そりエステ行ってるので、実際、肌のくすみがなくなって明るくなってるんだと思います。

もちろん、心も体も健康になってきて、人生を楽しむようになってきたし、それが現れているのだと思います。

実際、私はあんまり変わってなくて、本来の自分を取り戻しただけなのだと思うのです。

今まで着ていた鎧をとって、子どもの頃のように無邪気に生きることに決めただけです。

誰かに何かを言われるたびに、どんどん自分を閉じ込めていったけど、もともとの私はとっても素晴らしい子どもだったのだと思います。

同じようなことが、他の人にも起きているかもしれません。

子どもは本来とても素晴らしいのに、周りの大人ががんじがらめにして才能を押しつぶしているかもしれません。

怒られず、のびのびと育った子どもならいいけれど、叱られてひねくれてしまう子どもだっていっぱいいます。

子どもはみんな天使です。

素敵に育ってほしい。

もう大人になってしまった人は、今からでも遅くないから、親にしてもらえなかったことを自分で自分にしてあげたらいいと思います。

私は、これからは、誰かに何か言われても、それはあなたがそう思うだけで、私は私だからちょっと違うよって自分を守ってあげたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい