今あるものを大事にすればいい

広告

私は今住んでいる家が嫌いでした。ここは父親が建てた家で私の意見が全然通らなかったし、最初から不満だらけでした。

そこで子どもたちと過ごした時間さえ、離婚のゴタゴタのせいで嫌な思いの中に埋もれてしまったのです。

家が悪いと思い続けていました。

私は、自分の理想の家をどこに建てればいいのだろう・・・ずっと考えてきているものの、いつも話が進んでは崩れ、結局、今の家から動いていません。

そうしているうちに、「いやいやこの家もまんざら悪くないぞ」と思えてきていることに最近驚いています。

一番いいのは、古くて自分のお気に入りではないから、子犬の健太があちこちにイタズラしても廊下や玄関で粗相をしても全く腹が立たない。

しまいにここは健太の大きな犬小屋で、私は住まわせてもらっているんじゃないかと思うくらい、健太がのびのびと私と一緒に暮らしている。

これがもし素敵なマンションだったらどうだろう、私も健太も窮屈かもしれない。

古い家で汚いからと文句を言うのは簡単だけど、せっせと掃除をしてみると案外キレイに気持ちよく生活できる。

結局、この家でいいのだ。

そしたら、もう文句を考えるのやめて、この家での暮らしを大切にしようと思うようになってきた。

いつまでこの暮らしが続くのかわからず、先が見えないと早くちゃんと決めたいと気持ちがはやるんだけど、何かがピタッとはまる時がきっと来るはず。それまではジタバタせずに、今を楽しもう。

今、住む家もあり、一緒に住む家族もいるのだから、このままでもいいのだ。

とりあえず先のことは考えずに、このまま今あるものを大切にして1日1日を楽しんでいればそれでいいのだ。

頭の中で先の心配ばかりしていても、現実はついてこないから、とりあえず、2年後くらいに動くとだけ決めておこう。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい