家にお花を飾ると素敵 倒れたら危ないとか、邪魔だなんて思う心を捨てたい

広告

家にお花を飾ると素敵ですよね。

そう思っているのですが、実は、階段にお花が置いてあった時、「邪魔!」と思って、「なんでこんな危ないところに置いたままにしてあるの?」と娘に注意してしまいました。

娘の方は、良かれと思って置いたので、なんで怒られるのか、ピンときていない様子。

そこで、ハッとしたんですよね。

階段が殺風景だから、お花を飾ってくれたのでした。

私は、モノを捨てるのが得意ですが、飾るのは苦手。

娘は、片づけは上手ではありませんが、(親バカですが)センスがいい。

いつの間にか、テーブルの上にもお花があって、内心、パソコンに水がかかったらどうしてくれるんだと思ってしまっているのですが、私が気をつければ良いのか、と腹をくくることにしました。

私は大学生の時、アルバイトして貯めたお金を定期預金したら父親に「マル優の限度額を超えてしまったじゃないか、ちゃんと相談してからしろ」と怒られたことがあります。

今でも納得がいかないし、そのことでお金を貯めることがバカバカしくなったから、子どもの意欲を奪う一番やっちゃいけないことだったと思います。

私が階段やテーブルの上にお花を飾った娘を「危ないところに置くものではない」と注意したら、少しでも素敵な空間で過ごしたいと思う娘の気持ちをないがしろにすることになります。

改めて、見てみると、「ただいま」と玄関の戸を開けた時、真正面に階段に置かれたお花が見えると気持ちが良いものです。

私に足りないものを補ってくれる娘に感謝です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい