私を「おかあさん」にしてくれてありがとう

広告

60歳の誕生日に娘たちがプレゼントしてくれた電気ケトルに添えられて小さなカードを見て涙が出ました。

「おかあさん」になれて良かった。

私は、ずっと孤独感を抱えながら生きてきて、今までに2回、フッとここからいなくなったら楽だろうなって思ったことがあります。

19歳の時と33歳の時で、今から考えると厄年だったんですよね。

そのころはそんなこと気がつきませんでした。

普段、ありがとうとか言われ慣れてないので、見ているだけで涙が止まりません。

私なりに精一杯やってきたんだなと思います。

もっといい母親であれたら良かったけど、過去のことを思っても仕方ないので、これからを大切にしていきたいです。

小さいカードなので、思い出箱に入れておくけど、ブログにも入れさせてください。

母親らしいことが何もできなくて、申し訳ないといつも思っていたけれど、私を「おかあさん」にしてくれてありがとう。

私を選んでおなかの中に入ってきてくれてありがとう。

私はずっと二人を見守っていきたいです。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!