自分の悪いところを指摘されるのが苦手。でも、ちゃんと反省します。

広告

結構小さいことをウジウジと気にするさわこです。

そのことを、「繊細で、よく気がつく」という長所として捉えることができるようになりました。

悪いことも反対の見方をすれば気持ちが楽になります。

そうやって、自己肯定感が落ちないようにしているのですが、やはり時々、グサッとくることがあります。

「おもちゃだけ与えて、遊んであげないのはだめだ!」

「くりこが亡くなって、散歩に行けなくて寂しいって言って、健太を飼ったのに、健太の散歩に行っていない。健太、かわいそうや!」

ズバッ、ドキッ、ガーン。

うちのムスメサン、はっきり言います。

正解をズバリ言います。

一言も反論できません。

「健太のこと、大事に育てます。」と固く心に誓って、飼いました。

おもちゃを与えて、放ったらかしにして、ブログ書いてました。

暑いから、お散歩行くのめんどくさくて、サボりました。

深く反省して、お散歩行ってきました。

子どもがお母さんに怒られて、しぶしぶというのはよくあるけど、お母さんが子どもに、注意されて、犬の散歩しながら反省するというのも珍しいかもしれません。

散歩から帰ったら、ムスメサンのご機嫌が普通になっていたので良かったです。

私は、その通りだ!と思うことを指摘されると、非常に弱いです。

完璧であらねばならないという思い込みが強いのかもしれません。

でも、「健太」のことに関しては、自分が飼いたいと思って飼い始めたので、やっぱりちゃんとしないといけないと思います。

子どもの反省文のようになってしまいました。

「健太」とも「ムスメサン」とも仲良くやっていきたいです。

健太
お母さん、もっと一緒に遊んでね。
さわこ
うん、ごめんね。わかったよ。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!