レインマン 藤原竜也&椎名桔平の演技に感動!

広告

7月31日 新国立劇場へ『レインマン』の舞台を観に行きました。

藤原竜也さん・椎名桔平さんの演技が素晴らしくて、内容を深く感じ入り、とても感動しました。

映画で有名な作品です。

自閉症の兄レイモンド役を椎名桔平さんが、本当にうまく演じていました。

私は、特別支援学校に勤めていた時に、自閉症の子供達とたくさん出会いました。

研修の機会も多くあり、自閉症の人たちがどのような見方・考え方をするのか、理論的にはわかっています。

いきなり予定が変更になった時の混乱もよく理解できます。

だから、自閉症の兄を、次第に理解し、愛おしく感じていく弟チャーリー役の藤原竜也さんに感情移入して、心が熱くなっていきました。

事業に失敗して破産寸前のチャーリーの元に、自分を勘当した父の訃報が届く。

莫大な遺産すべてが自分のものにナルト期待して帰郷するが

財産を受け取るのは、いるはずのない兄のレイモンドだと聞かされる。

チャーリーは、なんとか財産を手に入れようと、

重度の自閉症患者である兄を施設から連れ出すことを決意するが・・・。

という展開で始まっていきます。

幼い日に共に過ごした時を、それぞれが思い出した場面が一番ジーンときました。

自閉症の子供を受け入れられず、施設へ入れて、その存在を隠した父親だったけど、全ての財産をその子に残した。

そこには、やはり父親の心の中にずっと後ろめたいものがあったということだ。

自閉症に対する偏見や無理解は、今も蔓延していると思う。

この舞台で、藤原竜也さんと椎名桔平さんの素晴らしい演技力で、自閉症の人への理解が広まるといいなぁと思う。

自閉症だけでなく、いろんな個性を持つ人を暖かく受け入れる社会であってほしいと思う。

この舞台を観るために、東京まで行ってきた。観たいと思うものを観ることができて本当に良かった。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!