失敗したとき、怒られると身構えたけど、怒る人はいなかった・・・。気にしすぎを断捨離。

広告

北陸新幹線に乗るときは、いつも始発の金沢から終点の東京までです。

トンネル続きで、インターネットが繋がらない区間が多くて困るなぁなんて、のんびり構えていたら、なんと、降りる予定の長野駅を乗り過ごしてしまいました!

気づいたのが、ちょうど長野駅を出発する瞬間です。

私の座っている席が自分の席だと言う人が目の前に現れて、何が起こったか、理解するのに時間がかかりました。

(えっ、降りられなかった?)

そう思ったとき、私の頭に思い浮かんだのは、「わっ怒られる!」でした。

(父に怒られる、なんて言われるかな、あぁめんどくさい・・・。)

でも、次の瞬間、
(あっもうお父さんいないんだった・・・。)

そのあと、すぐ、(他の人にどう思われるかな?)って心配しました。

(いい年して、何をやってるんだと呆れられないかな?)って。

いろいろ心配するんだけど、本人が気にするほど、周りは、深刻には受け取らず、ホッとしました。

こういうとき、「大丈夫?」とか言われると、もっとオロオロになるんですよね。

失敗しちゃったものは仕方ない。

何とかなるから。

今回の教訓

新幹線に乗ったら、ちゃんと降りる駅と時刻を意識して過ごそう。でないと、時間とお金を無駄にしちゃうから、ちょっとイタイ。

もう、この年になって、誰も私の失敗を怒る人がいないのに、いつまでも「怒られる」とビビっている。しかも誰に迷惑をかけたわけでもないのに、「呆れられる」と落ち込む。

でも、いつもこうやって失敗ばっかりしている自分が面白い!

少し前まで、自分のこと、真面目でちょっとしっかりしているなんて思っていたけど、大きな間違いだった。

私は、随分フツーじゃないみたいだ。

だいたい、普通の人は、BBQの為に金沢から山梨まで行かないよね。

でも、私は、面白そうだと思ったら、どこへでも行っちゃう。

これからもきっとこの性格は変わらないね。
雅美さんの絵

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!