「姿勢を良くしよう」専門家に体の使い方の癖を教えてもらい、整え、正しい動きを体に覚えさせる

広告

「姿勢を良くしよう」は、整体師 澤 晃さんに施術をしていただき、体の歪みを整えて、正しい体の使い方を体得するという講座です。

正確に言えば、「体の正しい使い方を知ろう」ということですが、姿勢と書いた方がインパクトがあると思い、講座名を変更しました。

体というものは、ついつい自分の癖で、凝り固まってしまいがちです。

固まってしまうと動かなくなるため、逆に「表面的な痛み」はなくなります。

それで「なんともない」と思ってしまうのですが、実際には、少しツボを押されただけで「痛い!」と声をあげてしまう部分が誰にでもあると思います。

そこが不調の原因を作っているのです。

では、今回、私が教えてもらったことを紹介します。

足の裏のコリをほぐしてもらう

今回、私は、左肩から首にかけて凝っていることを伝えると、施術は足の裏を念入りにほぐすツボ押しがメインでした。

専門的には、短趾屈筋(たんしくっきん)という足裏の最も表層にある内在筋が凝り固まっていてガチガチになっていたようです。

また、小趾外転筋(しょうしがいてんきん)も固くなっていました。

詳しい部分はよくわかっていないのですが、十分凝りをほぐしてもらった後、立ち上がるとツボを押してほぐしてもらった左足だけ柔らかく、まだ何もしていない右足は棒のように突っ立っていると感じました。

その正しい方の感覚を体に覚えさせるのが大事なんだそうです。

実はうまく重心移動できてなかった

実は、今までフラダンスのレッスンで膝を曲げて重心移動をする「アイハ」がうまくできていませんでした。

自分では腰を落としているつもりでしたが、腰を低くしているだけで膝を曲げて柔らかく滑らかに動くという状態にはなっていなかったのです。

つまり、テニスで構えていて、サッと走ってボールを追いかけるような移動の仕方と言った方が当てはまるかもしれません。

動きが固く、踊っていてもただ腰を低くしているだけで、力が入っているのでいつも太ももがパンパンになっていました。

違っていたのです。

体が柔らかければ自然に柔らかい動きができるのです。

そんなこともわかっていなかったのか、と今更ながら唖然としました。

そして、右足も同様にツボ押ししほぐしてもらってから、フラダンスの基本ステップを踊ってみると自分でも驚くくらい滑らかな動きになり、かつ膝の負担がありませんでした。

自分では気づかなかった体の使い方の癖を見つけてもらい、直してもらって正しい動かし方を思い出させてくれるのは、とてもありがたいことです。

月1回定期開催

「姿勢を良くしよう」は、最初は坐骨神経痛で悩むマラソンランナー中村明美さんのために開催が始まりました。

私も左手を骨折して体の調子が悪かったので、ちょうど良い機会でした。

自分の体の癖はなかなか自分では気づけません。

なぜなら自分が辛くないように体は楽をする動きをしてしまうからです。

専門家に診てもらうのはチャンスです。

悪くなり痛くなってから直そうとするより、日頃から自分の姿勢をチェックして正しい動き方をするようにしていきたいものですね。

今のところ月1回第4日曜日の朝、定期開催の予定ですが、2月だけ第4日曜日でなく3月1日になります。

金沢近郊にお住まいの方で、興味のある方はぜひ一度体験にいらしてください。

9:00〜11:00、体験料は1000円です。

スタジオSeriホームページ「お問い合わせ」からお申し込みください。

スタジオSeri

前回の記録はこちらから

自分の身体の使い方を知る 実践講座 @スタジオSeri

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!