空気清浄機は月1回 加湿フィルターを洗わなければいけなかった・・・

広告

空気清浄機を使っている方も多いと思います。最近はホテルのお部屋にもほとんど置いてありますね。

私もスタジオに置いてあります。

電化製品は、とにかくフィルター掃除が大事です。性能をキープするためにも、本体を長持ちさせるためにも、1にも2にもフィルター掃除です。

私も心がけてきたのですが、『加湿フィルター』まで掃除するのをすっかり忘れていました。

加湿フィルターを取り出す

1年前に同級生の電気屋さんに掃除してもらったので、やり方を習いました。

いつも水を補充しているところの奥にある加湿フィルターを取り出します。

普段、水を入れるところしか出し入れしないので、全部出してみると汚さにゾッとしました。掃除機で埃を吸い取り、本体内部の汚れをウェットティッシュで拭き取ります。

加湿フィルターを洗う

取り出した中身を洗います。

本当は1ヶ月に1回洗わなければならない加湿フィルターを1年間洗わなかったら、変色していました。

専用洗剤につけ置き

これを専用の洗剤を入れた液につけ置きします。

大きな洗面器やバケツがなかったので、ナイロン袋で代用しました。

1時間以上つけ置きしましたが、黄ばみが取れません。

黄ばみとりチャレンジ

キッチン泡ハイターで再びつけ置きしました。

2時間くらいつけ置きしました。

全然黄ばみが取れません。

Panasonicのホームページを確認すると、黄ばみが気になるときは酸素系漂白剤を使うように書いてありました。

私は塩素系漂白剤を使ってしまったんですけど・・・。

時間をおいて、改めて酸素系漂白剤でつけ置きしてみました。

結局、黄ばみはキレイには取れません。

諦めました。やっぱり黄ばむ前にちゃんと洗わないといけないのですよね。

乾かした加湿フィルターを戻す

元に戻しました。

加湿フィルターもキレイになって復活。

加湿機能も使うときは、シーズンに1回ではなく、毎月フィルターを洗うようにする!

さいごに

ちなみに、家電は基本的に白を買うのですが、空気清浄機に関しては黒を買って正解だったようです。

白の場合、掃除が行き届かなかったら、フィルターだけでなく本体内部も黄ばむことがあるようです。

本体が黒の場合、黄ばんでも目立たないというメリットがあります。

ただ、一番は、マメに掃除することですけどね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい