「宙(そら)を奏でる点描曼荼羅画 合同作品展2018」を見に行ってきました。

広告

ご縁があり、初めて曼荼羅画というものを見に行きました。

ホントに細かい点々で描かれた美しい作品の数々でした。

いくつかの約束事がありますが、そのなかで、直感に従って、ただただ点々を描いていくそうです。

自分の意思を入れず、『直感のままに』というのがとても心惹かれました。

ひたすら点々を描いているときは、出来上がりがどうなるか、わからないようです。

自分が思っていたものとは、違うものに仕上がっていく、それもまた作品としての魅力。

私は、こんな細かい作業は、目も疲れ肩も凝り自分では難しいと思いますが、純粋に美しいと思いました。

そして、これらの作品が宇宙の繋がっているととらえられるところもすごいなぁと思います。

会場で3Dメガネを渡されました。

かけてみると立体的に見えてびっくりしました。

作っている人は、それを意識して作っているのではないのに、暖色系の色が浮き上がって見える関係で立体的に見え、また別の作品のように感じられます。

中央に濃い青がある作品は、遠くまで海底トンネルのように続いていく感じがしました。

一生懸命作られたものには、それ自体にエネルギーが宿るようです。

素敵な世界を見てきて、とてもいい気持ちで帰ってきました。

狭いけれど、スタジオSeriのカルチャールームでいろんな人の作品展が行われるようになったらいいなぁと「直感」でひらめきました。

きっと実現する気がします。

最近、根拠のない直感に自信を持っていて、無敵です(笑)

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!