フランス料理Makino 金沢片町 12席の小さなレストランでこだわり食材と美術品のような美しい料理に感動

広告

金沢にとっても素晴らしいフランス料理のレストランがあります。

片町、犀川のほとりの、たった12席しかない隠れ家のようなレストラン、Makino(マキノ)です。

4人がけテーブル2つとお花を置いてある向こう側に2人がけテーブル1つ、そして手前が私たちが座った2人がけテーブル1つ、計12席。

入って一番奥の私たちの席からは、ガラス張りで厨房が見えます。

テーブルの上に和紙が置いてあり、よく見ると今日の日付と予約した私の名前が書かれていました。

その裏を見て見ると

クイズになっています。これを見ながら、順番にお料理をいただきました。

今日は、最高のトリュフが手に入りました!とのことなので、せっかくですから追加でいただくことにしました☆

まずは乾杯☆☆

金沢まで発酵食の勉強に来ている東京浅草橋キッチンBeeの梅村さゆりさんは白ワイン、私は柚子ジュースで。

ここからお料理の写真が続きますが、器がまた美術工芸品のように素晴らしいので、お楽しみください。

左側:酢レンコンの下にレンコンのスープ、右側:レンコン餅の上に菊芋のチップス
柚子の中にカニ
カニの出汁をアワアワに
アワアワの下は、毛ガニのサラダ
自家製パンとバター
有機ニンジンのコンソメジュレ
なんと中からウニ!
地元松任の今枝農園さんのトマト 鉄砲かます、太刀魚、キジハタ ソースいろいろ
真っ黒なイカスミチップスの中にシャルキトリーのブーダンノワール(ソーセージ)
上からアオリイカのイカスミマリネ、 柿、 ブーダンノワール(ソーセージ)

*シャルキュトリcharcuterieとは、食肉加工品全般の総称で、chair(肉)+cuite(火を入れる)が語源だそうです。ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどの総称です。

甘鯛ウロコ焼き、蛤、ムール貝、松茸、上に載っているのは芹

甘鯛は、そのものがおいしいのに、そのウロコをパリパリカラカラに焼いたものは、新鮮な食感でお菓子のように感じました。

今、スタジオSeriがある場所は、かつてこの加賀野菜「芹」の田んぼでした。家族で一生懸命、この高級食材「芹」を育てて市場や高級料亭へ出荷していたのです。こんな風に使われていて、心がホンワカしました。

鹿肉とキノコ(香竹キノコ、木乳(きちち)ダケ、花びらダケ)
能登牛(のとうし)炭焼き、五郎島金時(サツマイモ)のグラタン仕立て

ここに先ほどのトリュフを載せて

最高でした☆☆☆

トリュフ、口の中に入れた途端、溶けてなくなりました!

この後、デザート

一番下にヤギのヨーグルト、梨、梨のグラニテ(シャーベット)
栗のデザート
栗のアイスクリーム
フロランタン、マカロン、生キャラメル&ポン菓子
地元 津幡町ハーブ農園ペザンのハーブティー

18:30に予約していき、ゆっくり食事してお店を出たのは22:00でした。

16,000円のコース料理をお願いしました。

シェフがその日、釣り上げたお魚がお料理に出てきたりします。トリュフと飲み物は別料金で、サービス料は10%です。

こんなに繊細なフランス料理を食べたのは、初めてです。

最高の時間を過ごせました。お店の方もお料理のことを丁寧に教えてくださり、とても親切でした。ごちそうさまでした。

大切な人との記念日などにおすすめです。

Makino

金沢市片町2-31-18
076-208-3318(完全予約制)
Déjeuner | 11:30~14:30(L.O. 12:30)
Dîner | 18:00~19:30(L.O.19:30)
Close | [Déjeuner]水曜日、木曜日 [Dîner]水曜日

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!