ハンディ・クラウンINNOVA ECO刷毛 トイレ掃除に便利 独特な形状で痒いところに手が届く感じ

広告

ハンディ・クラウンINNOVA ECO刷毛は、本来、塗装用のハケですが、トイレ掃除に最高ということを知り、早速買って試してみました。

紹介してくださったのは、富山朝活で一緒にセミナー受講したスパゲン代表 勝家 徹二さんです。

この記事を見てすぐ私も使ってみたいと思いました。

便器のノズルの部分をキレイにしようとする人、すごいです。

Amazonで調べてみると、ハケの硬さにいろいろ種類があることがわかりました。

そこで、お掃除グッズオタクの私は全部買ってみました。

ハード・ミディアム・ソフトです。

ハケの硬さ・柔らかさについては、そこまでの違いは感じませんでした。

ソフトは、キッチン用に

まず、キッチン排水口の蓋のキワドイ汚れで試してみました。

一番柔らかいソフトの毛がピッタリ沿うようにして汚れを掻きだしました。

プラスティックはキズをつけるとそこに汚れがこびり付きやすくなるので、柔らかい毛の方が良いです。

ついでに、洗濯乾燥機の乾燥フィルターを洗っておきました。

今まで歯ブラシで掃除していたのですが、ハケの方が安心して力を入れてキレイにできます。

ハードは、トイレ用に

次にいよいよトイレで実践。

こんなところまで入れて掃除できます。

こんな裏の部分を掃除するのにピッタリの形です。

さすが塗装用ハケなので塗りやすい=力を入れて掃除しやすい。

ミディアムは、洗面所用に

さて、残ったミディアムはと言うと、手洗い場の洗面器の排水口の縁掃除にピッタリです。

こちらも陶器にキズをつけたくないところです。

複雑な形の蓋にもピッタリ。

それぞれの行き先が決まりました。

さいごに

ソフトは自宅キッチン用、ハードはスタジオのトイレ用、ミディアムはスタジオの手洗い場用です。

細かい部分の掃除にハケを使うというアイデアがいいですね。

痒いところに手が届くようにキレイになるととっても気持ちいいです。

 

商品は、左からハード・ミディアム・ソフトです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい