やめる時間術by尾石 晴(ワーママはる)時間の引き算でタイムパフォーマンスを高める

広告

尾石 晴(ワーママはる)さんの『やめる時間術』を読みました。

尾石 晴(ワーママはる)さんは、外資系企業にお勤めし、管理職としても活躍しながら、2児の母としてワンオペ育児もこなしてきたすごい人です。

時間の使い方を工夫し、残業0時間を達成、チームの業績までアップさせているのです。

それだけではありません。

時間の使い方を大きく見直し、子どもがいてフルタイムで働きながら、毎日1時間半の自分時間を作り出し、その時間でこんなにも実現しているのです。

  • 不妊治療
  • 不動産賃貸業でアパート3棟運営・法人設立
  • ヨガインストラクター資格取得
  • ライフオーガナイザー資格取得
  • メンタルオーガナイザー資格取得
  • Voicyフォロワー2万人超え
  • Twitterフォロワー1.4万人超え
  • noteフォロワー1.2万人超え
  • ブログ月間5万PV
  • 月額580円のnoteマガジン発行(購読者400人超え)

本業では、勤務時間内で徹底的に生産性を上げて、きっちり時間内に仕事を終えて、保育園のお迎えのために18時にはスパッと帰るというのです。

そうしながらも、社内昇格試験を受けて、マネージャー職に就いていて、第2子育休明け後、希望のポジションで復職できたというのですから、どれだけ能力の高い人なんだと恐れ慄きますよね。

本も年間200〜300冊読む時間があるなんて、「えっ、ど、ど、どうやって???」と信じられないくらいです。

時間の使い方は子育てしながら働いているママに聞くのが一番と言われますが、その中でも群を抜いてすごい。

ワーママはるさんの時間の使い方を紹介するので、私も含め、ぜひみんなで見習いましょう・・・。

ワーママはるさん自身は、自分にとって「やりたくないこと」「やらなくてもいいこと」を把握し、それらを「(100%)やめると決めた」それだけだと言っているのですよ。

「時間の財布」を持とう

ワーママはるさんは、「時間がない」人は「1日のうち、自分が何にどのくらい時間を使っているのか」正確に把握できていないことを指摘します。

はるさん自身も過去においてそうだったと言っています。

そして、はるさんは、毎日24時間という時間が「時間の財布」に入っていると考えました。

何のための時間かわからない「使途不明時間」が多すぎる人は、時間貧乏で死んでしまうということになるのです。

時間の財布」から出て行った「時間の使い先」を見える化していくことが必要なのです。

時間はお金のように目には見えませんが、記録してみるとちゃんと見えるものですね。

はるさんは、この作業(時間の見える化)を分単位で正確に行っていったのです。

時間の見える化

見える化で大事なのは、「未来の時間」の管理でなく、「使った時間」の管理です。

ここで私たちは大きなズレが出てくるのですよね。

予定では1時間とあっても実際には2時間かかっていることもしょっちゅうです。

「見積もりオーバー時間」ですね。

この「見積もりオーバー時間」が発生するのは、

  • 時間見積もりが甘い
  • 使途不明時間と蒸発時間

ということになります。

時間見積もりが甘い

1日24時間であることはわかっているのに、24時間で終わらないタスク(仕事・家事・育児)を詰め込んでしまう、引き受けてしまっているのです。

自分がどの作業にどのくらい時間がかかるのか、実際に作業しながら、ストップウォッチで測ってみる必要があります。

そうやって「時間見積もり」の精度を上げていってはじめて、24時間が予算通りに使えるようになるとのこと・・・。

お金と同じですよね。

見積もりオーバーを回避するために

はるさんは、掃除全般が「見積もりオーバー」だったそうです。私も同じ傾向があります。

掃除を始めるとついでにやりすぎてしまうのです。

そこではるさんは、掃除時間を短縮するのでなく、「掃除の曜日決めをする」と「ルンバや外注に頼る」ことにしたそうです。

見積もりオーバーするのは、自分の体感より多くの時間を使ってしまっているということです。

その原因は

  • 不得意
  • 工程が複雑
  • 完璧主義で合格ラインが高い

そういう時は、強制的に「しない」仕組みを作るか、「その作業を誰かに渡す」と時間精度を上げることができるというわけなんですね。

私なんて、いつもいつも見積もりオーバーしているので、もっと客観的に冷静に判断すべきだったと反省。

使途不明時間と蒸発時間

意外と使途不明時間と蒸発時間って多いかもしれません。

スマホを見てあっという間に何十分も経っていたということってしょっちゅうです。

探し物をしたり、忘れ物をして戻ったり、時間を間違えたり、いろいろ無駄な時間もあるし、ぼーっとしていることもあります。

はるさんは、ぼーっとしているのがダメとか言っているのではありません。

何をしているか、よくわからない時間の使い方がもったいないと考えるのです。それくらいフルタイムで働く子育てママは、全く余分の時間なんてないのです。

タイムパフォーマンスをアップする

同じ作業でも夜やるのと朝やるのとで、かかっている時間が全然違うというのはよく言われていることですね。

人間の脳にとって、1日で最も生産性の高い「ゴールデンタイム」は、起床後3〜4時間だそうです。

「午前中に思考力を使う大事なスケジュールを持ってきて、午後は頭を使わないような作業をメインに」が基本ですね。

時間の「引き算」

時間の「引き算」で、すでに終わった出来事など、自分がコントロールできないことに貴重な思考の時間を使わないようにします。

時間を使うのは自分がコントロールできることだけ、と割り切ることが大事なのです。

「思い込み」を見つける

はるさんが、「部下に求められたらすぐに対応するべき、全員に公平に接するべきという思い込み」を捨てることによって、はるさん自身の時間が確保できただけでなく、チームの活力が生まれ、業績もアップしたのです。

また、子育てでも、「大人が世話しなければならない」を捨てることで、子どもが保育園でできているように家でも自分で片づけられるようになったそうです。

「緊急かつ重要でないこと」を「引き算」する

私たちの毎日は、ほとんど「緊急かつ重要でないこと」に振り回されます。

ここをコントロールするのが重要なのです。

「緊急かつ重要でないこと」とは

  • 上司に急な書類作成を頼まれる
  • 子どもの発熱で呼び出しを受ける
  • 帰りがけに取引先が訪ねてくる

こういった、人生を左右するほどの重要さはないけれど、それなりに緊急性が李、解決にもそれなりの時間がかかるものこそ、「引き算」の仕組みを作っておくべきということなのです。

この解決法が見事です。

上司に急な書類作成を頼まれる
→日頃からのコミニケーションで、午後3時以降に頼まれた書類は今日中に出せない可能性があると伝えておく。

子どもの発熱で呼び出しを受ける
→保育園からのお迎えに対応できる人を確認しておく。病児保育の登録先を複数持っておく。自分が仕事に穴を開ける時は必要な書類仕事を上司はじめチームメンバーがすぐわかる場所に保管しておく。

帰りがけに取引先が訪ねてくる
→アポがない場合は会社にいないことが多いと取引先に事前に告げておく。あらかじめ、現在行っている仕事の進捗を細かく情報開示、および上司に報告しておく。もし何かあったらと上司に対応依頼をしておく。

事前準備が万端です。

さいごに

「引き算」してできた時間を自分の理想の人生を実現するための「足し算」に使って、夢を叶えていっているはるさんは、とにかくすごいです。

時間がなくて、子どもにご飯を食べさせながら、自分は立ったまま食べていたくらい忙しかったからこそ、徹底的に時間の使い方を見直していったのですね。

現在は切羽詰まっていない私はどこまで見習えるかわかりませんが、それでもただぼんやり時間を浪費しているのがもったいなく感じてきました。

自分がいつもやろうと思っていることの半分しかできないなんて言っていないで、時間見積もりの精度を上げていこうと思います。

仕事のやり方としても、家事・育児の取り組み方としても十分参考になります。

時間の使い方を考える上で、とっても良い本だと思います。超おすすめです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!