『1日5分でお金持ち』by頼藤太希 貯金ゼロから始めるお金の基本64のLESSON

広告

『1日5分でお金持ち』なんて、どうやって1日5分でお金持ちになれるの?と不思議に思っちゃいますよね。

「1日5分かけて、お金のことを勉強するとお金持ちになれる」ということなのでした。

初心者に向けて、お金についての基礎知識が網羅されている本です。

聞いたことあるけど、実はよくわかっていない・・という内容が、親切丁寧に説明してあります。

教科書や参考書のように後で何度も見返すために手元に置いておくといいと思います。

私の娘にもしっかり読んでほしいです。

お金持ちになるのは簡単?

「お金持ちになるのは、実は簡単です。」なんて書いてあるんですよ。

「お金の知識」と「行動」を身につけて、貯金体質になればいいって。

お金持ちは、抑えるべきところは抑え、使うべきところはしっかり支払う。そのメリハリが大切なんですよ。

問題は、どこが抑えるべきところで、どこが使うべきところか、ですよね。

そのお金の基本から、投資、節税まで、押さえておくべき知識を1日5分で学べるようにまとめてあるのです。

そして、学んだら、実行です。

大事ですよね。

だって、私たちは学校でお金の知識を体系だって学んだことがないのですから。

私自身、今までわからないながらも何冊かお金の本を読んできましたが、もっともっとたくさん読んで知識を確かなものにしていく必要があると思っています。

だんだん内容が理解できるようになっていくのと、社会情勢も変わってきているので、新しい情報が必要だからです。

ある程度、知識がある人もおさらいのつもりで一通り読んでみることをオススメします。

そして、まったくわかっていないという人、投資を始めたいと思うけど、まだ始めていない人は、必読です。

お金の初心者向けに展開されているので、安心して読んでみてください。

それぞれの立場で興味があるテーマが異なると思います。

ここでは、私が「なるほど」と思って、これはぜひ娘に教えてあげなければと思ったことを記録しておきます。

30代〜40代の方の参考になれば、幸いです。

節約好きな人ほど陥りやすい「おトクの罠」

節約好きの人が損をしてしまう「おトクの罠」があります。結局、節約してないことに本人は気づいてないです・・・。

半額セールの罠

2万円のものが半額の1万円になっていると「おトク」と思ってしまうのですが、もしその商品が最初から1万円で売られていたら、買ったか??

本当に必要かではなく、「半額」というお得感だけで買ってしまう罠なんですね・・・。

コレ、引っ掛かりやすい・・・。

3品10%オフの罠

靴下なんか、1足でいいのに必ず3足まとめ買いしちゃいますよね。

お店側は、割引しても一気に3品売れる方が助かるんです。

送料無料・駐車料金無料の罠

あともう少しで無料になる時、ちょっとだけ金額オーバーするように買い足しちゃいますね。

商品を追加するより、送料や駐車料金を払った方が出ていくお金が少ないのでは?

まとめ買いの罠

大容量パックで買うと割安になるから買っちゃいますよね。

私は娘夫婦と分け合うようにしていて、うまくやれてると思っていたのですが、たくさんあると思って雑に使っているようです。

ポイントの罠

ポイント大好きな人もいますよね。本末転倒にならないように気をつけたいですね。

なんの税金をどのくらい払っているの??

平均的なサラリーマンが一生働いて、もらえる給与の額(生涯賃金・退職金を含めない)は、大卒の男性が約2.7億円、大卒の女性が約2.2億円だそうです。(独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働党系2019」)

こんな数字、初めて見ますよね。

こんなにもらってる???とびっくりです。

この金額は、額面(総支給額)なんです。それにしてもすごいですよね。

ここから、約4割、税金・社会保険料を支払っているそうですよ。

男性なら約1.1億円、女性なら約0.9億円も。

所得税や住民税、健康保険や厚生年金が総支給額から引かれて、その差引支給額が手取り額なんです。

それ以外にも、消費税、酒税、ガソリン税、たばこ税、自動車税、自動車重量税、固定資産税、相続税、贈与税ゴルフ場利用税、入湯税など、いっぱいです。

とんでもないのが、家を建てた時、建築費だけで大変な額なのに、翌年には不動産を取得したからといって不動産取得税っていうのがかかるんですよ。もうお金残ってないって言うのに(笑)

まぁ,みんなが税金を払っているおかげで、学校が作られ、道路も整備され、無料で救急車が来てくれる恩恵を受けることができるので、ありがたい社会になっているんですけどね。

とにかく、自分がどんな税金や社会保険料をどれだけ払っているか、ちゃんと把握しておくことって大事ですね。

会社員の人は、事務の人に源泉徴収票の見方を教えてもらうといいです。

知って得する「控除」の話

所得控除の種類と控除できる金額の一覧表があり、とても参考になります。

ここでは、「所得控除」の種類のみあげておきますね。

  • 基礎控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 地震保険料控除
  • 寄付金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除
  • ひとり親控除
  • 勤労学生控除
  • 扶養控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 雑損控除

うまく節税して、所得税や住民税の金額が少なくなると助かりますよね。

医療費控除

医療費が年間10万円を超えるなんて、普通はなかなかないと思うのですが、我が家では家族が高齢になり、入院や手術をするようになると毎年医療費控除の申請をしています。

薬局で買った風邪薬や高齢の母や骨折した時の私が利用した通院のためのタクシー代も対象です。

歯医者さんで銀歯の被せ物をセラミックに替えていくのも、今年予定しているインプラントも。

家族分を合算して申告すればよくて、家族の中で一番所得が多い人が申告すると税金の還付額が大きくなります。

iDeCoのメリットは節税効果

若い人は絶対iDeCoを始めた方がお得ですね。

メリットは3つの節税効果です。

  1. 掛金が全額所得控除
  2. 運用で得た利益が非課税
  3. 受け取る時にも控除がある

自分の老後資金を貯めながら、今の税金が減らせるありがたい制度ですね。

60歳まで引き出せないということがデメリットのように言われていますが、その分、確実に老後資金を貯められるのですから、それもまたメリットです。

2022年の制度改正により、加入可能年齢が5年伸びて65歳までになり、受給開始時期も75歳まで延長されて、本格的な高齢化社会対策になっていきますね。

一般NISAとつみたてNISA、どっちがいい?

一般NISAとつみたてNISA、どっちにすればいいのか、知識がないとわからないですよね。

一般NISAは、最大非課税金額は600万円(120万円×5年)

つみたてNISAは、最大非課税金額は1000万円(40万円×25年)

これから始める人は、つみたてNISAがいいですね。

投資によって得られた売却益や分配金の運用益が非課税になるのですから、やらないと損だと思います。

ふるさと納税

ふるさと納税は、なんだかんだ言ってもお得な制度ですね。

自分で選んだ自治体に寄付して手続きすると、2000円を超える金額について、所得税や住民税から控除できる制度ですから。

私は、楽天市場のサイトで返礼品を選ぶのですが、楽天ポイントもついてすごくお得です。

2017年の記事ですが、この頃はまだふるさと納税が何なのか、よくわかっていなくて、65000円寄付してストウブ鍋を買った感覚でした。ポイントが4倍の時で2600ポイントもついて、すごくラッキーでした。

最近は、みかんやお肉、お米などいろいろ返礼品を選んでいます。洗剤やトイレットペーパーなど生活必需品をもらう人もいるようです。

でも、トイレットペーパーが大量に届いたら、大変。

冷凍のものなどは宅配ボックスに入れてもらえないし、いつ届くのかがはっきりしない点が困ります。

お米の定期便は良さそうです。

いろいろ返礼品を選ぶのも楽しい。

さいごに

なんとなく知っているけど、よくわかっていないということをしっかり理解できるようになってはじめて、お金を動かす勇気が出ますよね。

私が子どもの頃は、預金しているだけで利息がついてどんどん増えていったのです。

だから、60代以上の人は投資のリスクを避けて、今のお金が減らないようにとおじけづいてしまうんですよね。

でも、時代が変わったのです。

若い人たちが老後資金を自分で確保することは大事です。

何が自分に合うのか、よく調べてみることだと思います。

一歩動き出すために、ぜひ知識を身につけてくださいね。

私も娘夫婦とお金の話をするようにしていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!