『貯金ゼロからの「貯め体質」』byさぶ 目的がハッキリしていればお金を貯められる

広告

無理せず、お金が貯まれば、最高ですよね。

でも、普通はなかなかそんな上手くいきません。

ところが、それをやってのけたのが、フルタイムで働くワーキングマザー さぶさん。

大学卒業後、証券会社の営業として活躍した後、転職し、結婚。出産を機に、頭金ゼロで住宅を購入し、2人の子どもの教育資金を作るため、家計の見直しを始めて、3年で総資産1000万円超え。

最近の若い人の中には、本当にしっかりしている人がいます。

そういう上手くお金を貯めることができる人と、いつまでも「なかなか貯まらない」と言いながら何もしていない人に分かれますね。

どうやったら「貯め体質」になれるのか、さぶさんのすごいところを紹介しますね。

なぜ、お金を貯めたいのか、目的を明確に

「人生で何をしたいか」「何を大切にしたいか」そのために「いつ頃、いくらあれば理想が叶いそうか」

まず、お金を貯める目的をハッキリさせることが大事なのです。

さぶさんの場合は、貯金ゼロの時に子どもができて、この子にかわいそうな思いをさせたくないという思いで教育資金を用意しようと思ったのがスタートでした。

一般的なライフイベントと必要なお金の目安を頭に入れておかないといけませんね。

私も振り返ってみると、確かに子どもたちが大学生の時がお金がかかるピークでしたね。

ボーナスを全部注ぎ込んでも足りず、定期預金を解約して送金したことを思い出します。

お金は、短期・中期・長期で考える

貯めるお金は、いつ使いたいかで区切ります

  1. 短期・・・今暮らすための「生活防衛資金」
  2. 中期・・・5〜6年スパンで必要な「目的別貯金」
  3. 長期・・・60歳以上で現役引退してからの「老後資金」

貯める優先順位は、短期、中期、長期の順番

さぶさんは、短期のゴールは「手取り月収の5〜6ヶ月分」として、200万円を貯めて、以後ずっとその金額を銀行預金にキープしているそうです。

常に銀行に200万円あるって、安心感ハンパないですね。

さぶさんも「お金のことでドキドキする」「とにかく不安」という苦しみから解放され、心の余裕ができて本当に幸せと言っています。

短期の目処がたったら、すぐ中・長期です。

「先取り貯蓄」と「ゆる投資」で増やしていきます。

詳しくは本を読んでね。

お金が貯まっていく仕組みを作る

お金の流れを整えることが大事なんですね。

収入・支出の把握をして、固定費を見直し、変動費は予算化、お得な制度を利用し投資をスタートします。

まずは、給与明細をじっくり見て、収入をキッチリ把握するところからです。

恥ずかしながら私なんて、公務員時代、給料から引かれているのがなんのお金なのか、見ても全然わからないなんて平気で言っていました。

給与明細でわからないことは、事務の人にちゃんと確認するようにしないといけませんね。

できてない人はまずそこから。

そして、いよいよ自動的にお金が貯まる仕組み作り

口座を3種類に分けます。

  1. 使う口座(銀行の普通預金)・・日々の暮らしのお金
  2. 貯める口座(銀行の積み立て預金など)・・短期生活防衛資金、中期目的別貯金の一部
  3. 増やす口座(証券口座など)・・中期目的別貯金の一部、長期の老後資金

さぶさんは、中期のお金は、目標額を使うまでの本月で割り、毎月いくら貯めるか計算していますよ。

改めて思うのは、目的がハッキリしていると浪費している場合じゃないって気づけますね。

こういうのが「貯め体質」になるってことだと思います。

口座を分けてしまうと将来のお金を使い込むなんてことがなくなって、いいです。

さいごに

本当は、投資のこととか、もっともっと書いてあるんだけど、まずは「貯め体質」ができてない人がほとんどだと思うので、ここまでにしておきますね。

人生設計をシミュレーションするのは難しいと思うので、ファイナンシャルプランナーの人にアドバイスしてもらうといいと思います。

持ち家か賃貸かと悩む人も多いし、子どもが将来大学へ行くのかどうかもわからないから・・と見通しが持ちづらいのもわかりますが、大学へ行きたいと言った時に行かせてあげられる状況にしておけたらいいですね。

もし行かなくてお金が余ったら、それを老後資金に回せばいい話だし。

とにかく、できるだけ早い段階でお金の心配をなくすのが一番です。

上手くいっている人のやり方を参考にして、自分に合ったお金の貯め方を見つけてください。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!