『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』by藤野英人 お金を味方にしたい大人のあなたが必読の一冊

広告

お金を味方につけて、人生を楽しむには?をテーマに書かれた書籍をご紹介。

「ひふみ投信」の藤野さんが、14歳に投資の大切さを語るのかなと思いながら読んだこの本は、いい意味で期待を裏切り、とてもロマンチックな「夢のある本」でした。

14歳の時の自分への語りという形で書かれていますが、14歳の少年少女だけでなく、「お金のことがまだよくわかっていない」大人全般に必要な知識です。

もし、まだ投資を始めていない人がいたら、ぜひお読みください。

14歳の時にこういう本と出会うのはとても大切なことだと思います。

なんのために働くのか、がよくわからないから、学校の勉強もこんな難しいこと覚えたって、社会に出て使うわけじゃないし・・・と斜に構えていた中2の頃、世の中のことわからないくせに、いっぱしの文句を言ってみたり。

それでいて、結局、親の言う通りに安定した仕事に就くためには少しでもいい学校に行って・・・と昔はみんな思っていましたよね。

今は、いわゆる「良い学校」「良い会社」に入っても、それが必ずしも幸せと結びつくわけではないとみんなわかっています。

それでも、まだ、世間体を気にする親がいたら、無視したらいい。

60代になると大胆にそんな好きなこと言えるので、楽です(笑)

さて、そんな私がこの本を、14歳だけでなく、まだまだ若い人たちにオススメしたい理由を語りたいと思います。

お付き合いください。

お金にはパワーがある

お金には、人の努力や才能を引き出すパワーがあります。

14歳にとって、今、お小遣いとして持っているお金は、お父さんやお母さんが働いて稼いだものだし、これから自分の未来のために使うものです。

お金は価値の交換ができる便利な道具で、物々交換だけでなく、サービスにも交換されます。

材料費だけでなく、労力やアイデアという目に見えないコストにも値付けされます。

自分一人では何もできないけど、誰かのために何かをつくる、何かをしてあげるという行為もお金と交換されます。

だから、お金が社会を発展させてきたのです。

世の中はお金が循環することでみんなが幸せになるのだということを14歳の時にしっかり認識しておきたいですね。

自分のお金が貯まること=幸せと勘違いしないために。

お金の使い方で社会の景色が決まる

14歳だって、お金を使う=「買う」ことで、自分の意思を表明することになります。

なんとなく買うのでなく、ちゃんと決めて買う、その行動を繰り返していくことで、その会社を応援することになります、そしてそれは、その会社に少なからず投資していることにもなります。

藤野さんは、コロナで自分の会社を全面的に在宅勤務にしたので、家にいる時間が激増し、郊外へ引っ越し、犬2匹を飼い、家庭菜園で野菜を育てる生活を始めたそうです。

今まで年間何百回も会食目的の外食をしていたのに、今は野菜の苗や園芸用の土、肥料に出資するようになったのです。

お金の使い方の変化は、そのまま人生の変化だと実感しているそうです。

確かに、コンビニでペットボトルのジュースを買うのをやめて、水筒にお茶を入れて持っていくようにしたら、浮いたお金を貯めて何か大きなものが買えるはずです。きっと自分の世界が変わりますね。

自分に合った働き方・稼ぎ方を知る

もう「終身雇用」という言葉は死語になりましたね。

個人が1つの会社に縛られることなく、自由に好きな職場を選ぶ社会に近づいてきているようです。

その分、自分の人生を保証してくれるのは、会社ではなく自分自身。

娘が高校生のとき、語学研修で行ったオーストラリアでは、放課後のクラブ活動はそれぞれ複数所属していて、曜日によって、あるいは季節によって習っているものが違っていると言って驚いていました。

その分、親が送迎しないといけないから大変なのですが、子どもたちは自分の意思で行っているのでとっても楽しそうで羨ましかったと、日本へ戻ってきてからもずっと言い続けていました。

日本の場合は、部活1つにしても、一度入ったところは途中で投げ出さずに、最後までがんばりぬきなさいと指導されることが多いけど、そんなことはないし、すでに会社は副業や転職してキャリアを高めていく時代ですよね。

古臭い考え方にとらわれる必要はないのです。

これからは、人と違うことをしていかないと認められないわけですから、自分が何をやりたいか、何が好きか、何が得意か、学生時代に精一杯いろんなことにチャレンジして確かめていったらいいと思います。

幸せとお金との関係

自分の人生の行き先の決定権は自分にあります。

藤野さんは、「お金があるから、人生を楽しめるのではない。人生を楽しむことが先で、お金は後からついてくる。」と言います。

夢を語り、仲間を思い、前を向いて進んでいく人生って、いいと思いませんか?

そして、どうしてもうまくいかない時は、無理に向き合うことをやめたり、少し休んだり、「逃げる勇気」=周りに助けを求めることもいいです。

藤野さんのような投資家は、「お金を持っている人」と「お金はないけど、やりたいことがある人」をつなげる仕事です。

投資で「お金」と「夢」がつながるということ。

特に、現在のシニア層は、お金を貯め込んでいる人がいます。

そして、若い人たちはやりたいことがあるのに、それを実行するためのお金が足りません。

そこがうまくつながれば、みんなが幸せになりますね。

きっとこれから日本でも投資のことを勉強する機会が増えると思います。

子どもだって、少額から投資にチャレンジすることができます。

自分のお金が世の中をどんなふうに動かすのか、興味を持ちながら成長していくとリアルで良い勉強になると思います。

さいごに

14歳には、未来があります。

今から、どんな色に染めて行くか、ワクワクするたっぷりの時間があります。

いくらでも、何にでも挑戦できます。

自由な選択肢がいっぱい。

1つ年をとるにつれて、だんだん大人になっていき、周りの人の「こうした方がいいよ」というアドバイスが増えていきます。

そして、「それは難しいから、無理だよ」、ひどい場合は「やらない方がいい」とまでブレーキがかかります。

努力が足りないと、数字のデータも味方してくれません。

そんなふうにして、夢を諦めてきた大人ばっかり・・・。

でも、60歳を超えたら、やっぱりやりたいことやって生きていきたいって強く思うようになります。

人生の終わりを意識したら、もっと強くそう思うはずです。

だから、最初から、自分の気持ちを大事にして、自分でお金を稼ぐ方法をしっかり切り開いていってほしい。

お金を味方につけて。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!