しあわせ貯金生活byぽち 。幸せにお金を使うために、楽しくお金を貯めていこう

広告

お金を貯めることが楽しくなっていくといいですね。

幸せにお金を使うために貯めるというのが理想です。

フォロワー20万人・人気インスタグラマーのぽち。さん

高校時代からお金を貯め始め、アルバイトで18万円も貯金がありましたが、大学生になってアルバイトを2つ掛け持ちして稼いでいたにもかかわらず、浪費もして、卒業時の貯金は25万円

そして、社会人になって、一人暮らしを始め、生活費の余りを貯金しようと思ったのに、結局20万円

でも、しっかりお金を貯めることができる彼氏と出会い、将来のために貯金を頑張ることを決意。

社会人3年目の終わりには、無理も我慢もせず、必要なところにはきちんとお金を使いながら、貯金は191万円に。

家計管理がちゃんとできるようになって、貯金体質になったのですね。

これから 結婚して子供を産んで、家族みんなで素敵な一軒家に住むことが夢です。

いいですねぇ。

マイホームを建てたいという夢があるから、貯金を頑張れるって。

我慢しすぎるのは良くないけど、少しの我慢が大きな幸せになるってわかっていたら、我慢するのも苦にならないですね。

コンビニのスイーツを数回我慢しただけで、◯◯が買えるかもって思ったら、ブレーキかかると思います。

ぽち。さんがどんなふうにして、貯金をするのが楽しくなったのか、興味深いですよね。

お金を貯められなかった普通の女子が、「貯められる」ようになった過程を紹介します。

7種類の貯金

ぽち。さんは7種類の貯金をしています。

  1. 普通貯金(将来のための貯金)
  2. 奨学金貯金(奨学金を繰り上げ返済するための貯金)
  3. カップル貯金(同棲と結婚のための貯金)
  4. 小銭貯金【500円】(家族のために使う貯金)
  5. 小銭貯金【1〜100円】(普通貯金の足しにするための貯金)
  6. 特別費貯金(急な出費や年間を通して必要になる費用に備えるための貯金)
  7. その他積み立て(あらかじめ必要になることがわかっている出費に備える貯金)

奨学金貯金

ぽち。さんの奨学金は利子がないのですが、繰り上げ返済するのは結婚や子育てなどの前に払い切ってしまいたいという気持ちからなのです。

普通に返していたら、毎月13000円ずつ14年かかるところを4年3ヶ月で完済予定だというのですから、エライ!

これから先、結婚、出産、育児をする将来を考えたときに、少しでも借金がない状態で毎月のやりくりを頑張りたいと思ったのです。あと、今は独身で自由に使えるお金が比較的多いので、余裕があるうちに返そうと思って頑張っています。

よく聞く「奨学金の返済があるから貯金ができない」なんてことは単なる言い訳にすぎないようです。

ぽち。さんは、正直に

「 奨学金を借りていない人を羨ましく思うことはある」

「奨学金の返済がなければもっと貯金ができていたかもしれない」

だけど、

「奨学金を借りたおかげで大学に通うことができた」

「親の負担を少しでも軽くすることができた」

そう思える自分を誇らしく思ったりもします。

『奨学金を借りていたからこそ大学へ通うことができ今の自分がいるから貯金を頑張ろうって思える』って、素晴らしいですね。

貯金の仕方

ぽち。さんの貯金の仕方は、そんなに特別なことはありません。

  1. 貯金専用口座を作る
  2. 毎月の固定費を把握する
  3. 先取り貯金をする
  4. 生活費を計算する
  5. 給料日にまとめてお金をおろす
  6. おろしたお金を仕分ける
  7. 生活費で1ヶ月好きなように暮らす
  8. 家計簿に必要最低限のことを週1、2回記録する
  9. 生活費の残りはピンチの時のために貯めておく

これだけのことだけど、これでちゃんと貯まるのです。

節約法

貯まる体質になるちょっとした工夫、真似できるところがあったら真似していきましょう。

  • スーパーはお腹が空いているときは行かない
  • 食材が無駄にならないよう食事会など予定を把握してから買い物に行く
  • カゴに食材を入れながら頭の中で合計金額を計算する
  • お菓子などの嗜好品は最後に選ぶ
  • ポイントにつられて無駄遣いしない
  • 好きなことにはお金をかけてメリハリをつける
  • 本当に欲しいもの、必要なものなのか考えてみる
  • こだわりがない物なら、中古を買って浮いたお金を外で有意義に使う

物を買うときのルール

ぽち。さんは、妥協して買っても満足できないから、 ルールを決めて本当に欲しいものを買うようにしています。

  • コスパを重視する、安くてもすぐ使えなくなるものは買わない
  • 自分に似合うものを選ぶ
  • 値段に関係なく気に入ったものを選ぶ
  • 他のものを我慢してまで欲しいものなのか考える
  • 買うことで自分は幸せになるのか考える

そんなぽち。さんがお金をかけるものは

  • プレゼント
  • 食器
  • 外食
  • 好きなお菓子
  • コンサート
  • 帰省代
  • 旅行

「彼氏、家族、友人へのプレゼントにはお金をかけます!」と言い切るぽち。さんは、 実家へ帰るときに交通費が結構かかるそうですが、それは気にしません。

大切な人、大切なもの、大切なことにはお金をかけて、自分も幸せな気持ちになる、そのために他のことは我慢するというのがメリハリなんですね。

だから、そのための貯金が楽しいのだと思います。

さいごに

貯金をして良かったことは、まとまったお金があることで心の余裕ができ、未来を想像できるようになったことだそうです。

そして、お金を貯めるのが好きになり、お金を楽しく使えるようになったとのこと。

使う目的があるから貯められるんですよね。

普通預金をしても利息がつかないから・・なんて言っている間に、コツコツ貯めることが大事です。

お金が貯まっていくのが数字で見えるから自信がついてくると思います。

投資をするのは、まずある程度のお金を貯めてからですよね。

「お金を貯める」ということが身に付いてから。

ケチケチ節約するというのでなく、結婚して出産して、いずれ一軒家のマイホームに住むという夢を持っている2人の若さが眩しいです。

今からですね。

私はついつい、老後のことばかり考えてきましたが、これから未来のためにコツコツお金を貯めていきたいという女子の本を読んで、娘もこんなふうになってくれたらいいなぁって思っちゃいました。

お金は、しっかり貯めて、上手に使いたいですものですね。

若い子が読んだら、すごく共感して「私もお金貯めよう」って気持ちになると思います。

おばさんでさえ、なりましたから。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!