そのお金のムダづかい、やめられますby脳神経外科医 菅原道仁 脳は放っておくと浪費するようにできている

広告

脳は放っておくと浪費するようにできています。その仕組みを理解しておかないと、いつまでも同じ失敗を繰り返し、ムダづかいをやめることができません。

私はこの本を読んで、「あー、そうだったのか〜。」と自分がついポチッと衝動買いしてしまう理由がわかりました。

多分、これは私だけの問題ではないと思われます。

みんなやってしまっていることだと思うので、絶対参考になります。

ぜひ読んでみてくださいね。

ムダづかいしてしまう理由

必要なものだけ買えばいいのに、私たちはついつい余分なものまで買ってしまいます。

買っても買っても、新しいものが欲しくなります。

私たちは「買っている」のではなく、「脳に買わされている」ようです。

脳は省エネモード

脳は、24時間365日働き続けるため、「物事を深く考えること」をなるべく減らして、自動的に、いつも通りに処理していく「省エネモード」で働くようになっています

この自動的な処理が「脳のクセ」なのです。

「ムダづかいした」と後悔するのは、脳が反射的な判断によって、「買う」方向に誘導されておこる現象だったのです。

本当はいらないものなのに、判断(=認知)が勝手に歪められ(=バイアス)、「欲しい」と思わされ、買わされてしまうということに陥るのでした。

CMの影響を受けたり、夏の暑い日、すぐそばにコンビニや自販機があったりすると、お金がないと言いながらも簡単に物欲に負けてしまうものなのです。

意思に反して買ってしまう仕組み

脳は勝手に勘違いをしてしまうのです。

買った瞬間の高揚感は【ドーパミン】

買ったら満足して、家に帰ったら値札がついたまま置いてあるなんてこと・・・私はあります。

買うときの”ときめき”は、脳の中にドーパミンが分泌されることによってもたらされた一時の興奮にすぎないんだそうです。

「報酬系」と言われる神経経路が刺激され、脳が快感を覚えているのです。

そうやって衝動買いした後、ドーパミンの放出がやみ、興奮が冷めると満足感が消滅して「なんで買ったんだろう???」って後悔することに。

ガーン、そういう単純なことだったのね・・・。

ドーパミンによる快感は、時間が経つとすぐ消えてしまうのです。

買い物、勝負事、賭け事、お酒、タバコ、甘いものも。

「依存症」の入口なので、要注意です。

皆と一緒の安心感で出費が増える【バンドワゴン効果】

飲み会で「とりあえずビール」という人、行列やブームに敏感な人は、他人の行動、特に大勢の人に合わせるためにお金を使う傾向が大です。

自分にとって本当に必要か、という思考停止状態。

バンドワゴンってパレードの先頭の楽隊車なんですね。集団心理でみんながいいと言うものに対して他の人たちもいいと思い、どんどんそれが優勢になっていくのです。

☆がついていたり、レビューが良かったり、たくさんの人が買っていたりするとそれを良いと思ってしまう・・・まさに私のことです・・・。

ハロー効果で親近感・信頼感

「ランキング1位」のような目立ちやすい特徴に影響されて、他の条件を簡単に変えてしまう脳のクセを【ハロー効果】といいます。

広告業界は、3Bを使うと注目されやすく、好感を持たれやすいのでこの手法を使っているそうです。

3Bは、

  • Beauty(美人)
  • Baby(赤ちゃん)
  • Beast(動物)

素敵、かわいい・・・に誘導され、必要でもないものを買いたくなってしまう危険性、ありありです。

店のレイアウトにも引っかかる

コンビニやスーパーの商品配置はだいたいよく似ていますね。

それは、私たちの心理を「計算」して作られているのでした。

「お買い得」は本当は安くなかった?

私たちは、うまい演出に引っかかりやすいです。

「セール」「アウトレット」「セット割引」「パック料金」それらの価値をしっかり計算していないために「お買い得」と思い込んで買ったのに、本当は安くなかったということも往々にして起こります。

「◯割引き」「◯%オフ」の表示は、「◯円引き」と捉え直して、具体的に計算してみる必要があります。

脳は、徳をしたいより損をしたくない【損失回避性】という働きも強いです。

送料無料にするために、追加でもう少し買う・・・私はしょっちゅうあります(汗)

今日からムダづかいをなくすためのルール

「自己投資」と「浪費」は紙一重と言われます。

大事なのは、ストーリーです。

「英語を習得してビジネスに活かそう」と考えると自己投資ですが、ただなんとなく周りの人につられて通っているだけだと浪費でしかありません。

自分の支出を客観的に見ることが大事ですね。

さいごに

憧れている人や信頼している人がオススメする商品は、つい買いたくなってしまいます。

その人のようになりたいと思うからです。

ただ、自分が「今」「本当に必要としているのか」をちゃんと考えないといけませんね。

脳が無条件に反応してしまい、ドーパミンがドバドバ出ている興奮状態でポチッと買ってしまっては、ムダづかいになってしまうことがあります。

すでに同じようなものを持っていたり、自分には合わなかったり、そもそも自分には必要なかったり。

私は、この本を読んで、反省することばかりでした。

自分の気持ちに正直に、直感を信じて、なんて言っていたら、どんどん浪費を続けてしまうところでした。

ドーパミンが出ても、ちょっと気持ちを鎮めて、冷静になってから判断すると、月末に「あれ〜?何に使ったんだろ??」なんてことにならないはずです。

もし、私と似たようなタイプの方は要注意です。お互い、脳に騙されないように気をつけましょう。

私はこの『そのお金のムダづかい、やめられます』をAmazon Kindle Unlimited 読み放題で読みました。

月980円がとっても安くてお得です。

それなのに、以前はその良さに気がつかず、なんでAmazonから毎月980円引き落としされているんだ?と混乱してしまいました。

Amazon 980円 引き落としの謎 「無料体験後の解約」を忘れないように気をつけよう【お金は大事】

その後、再度、契約し直して今に至っています。

Amazon Kindle Unlimited読み放題には良い本がたくさんありますよ。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!